International Matchmaker
Miyoko Ohashi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~
第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2015年 3月 31日更新

第37回 : リレーションシップの決まり文句

皆様こんにちは。春は入学、異動、引越しの季節ですね。4月は桜を見て楽しむ、日本人ならではのお花見シーズンでもあります。在米の皆様も、桜が咲いている地域では、お花見を楽しまれる方もいらっしゃるでしょう。春はウキウキ、いろいろなことを始めたくなる季節ですが、皆様は何をしたいとお考えですか?弊社でも、ジューンブライドに向けて準備中の方や、冬の終わりとともに二人の関係を次のステージに向けてアップグレードした方々など、嬉しいお知らせが舞い込み、スタッフ一同大変嬉しく思っております。

二人の関係―リレーションシップが深まる中では、さまざまな事が起こります。日米問わず、ご縁がなく別離の道を歩む方々もあれば、さきほどのように二人の関係がうまく進んでいく方々もいるものです。日本語ではこのように「ご縁があった」「縁がなかった」などの、いわゆる「決まり文句」がありますが、英語にもそのような表現があるのでしょうか?ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、英語でのいわゆる、リレーションシップの「決まり文句」または「決め台詞」を取り上げてみたいと思います。

その1“It's not you, it's me”

「あなた(君)じゃなくて、私(僕)」。直訳するとこうなりますよね。この台詞は、リレーションシップにおいて、お別れの時によく使われる表現です。つまり「あなたには何も悪いところはないのだけれど、私(起因)のせいなんです」ということなのですよね。この台詞は、日常でも聞きますし、実際映画やドラマでもよく使われる表現です。きっと日本で言うところの「ご縁がなかった」と同じぐらい有名な表現でしょう。日本では「ご縁」という、まるで他人が決めるような理由なのに比べ、英語だと「私が」悪いと言っているので、全く違いますね。こんなところにも日米の文化の差がよく出ていると思います。

その2“I need some space”

「ちょっとスペースが必要なのです」。直訳するとこうなるのですが、スペースといっても具体的に広い場所ではありません。二人の距離感の問題です。これはとてもよく聞かれる台詞です。カップルの間だけではなく、親子間や、友人関係でも、あまりに親密になりすぎて、息苦しい時というのがあります。いくら仲が良くても、自分を見失ってしまいそうな時。そんな時は、正直に相手に打ち明け、今まで会っていたのが毎日ならば、それを減らすとか、しばらく会わないとか、そういう風にしたいときに使うことが多いようです。しかし実際には、もうお別れしたいときにも使う方々も多いようで、間接的に「一緒にいて何か違うと思ったので、ちょっと間をおきたい」方々も、正直にそこまでお相手に言えず、このように遠回しに言うこともあるようです。このまま、会わずに終わるパターンもありますね。

その3“I'm too busy for relationship”

「お付き合いするには忙しすぎる」。よく聞かれる台詞です!これは日本でもよく聞かれるのではないでしょうか?日本語で言えば「今仕事が忙しくて、そういう気になれない」などでしょうか?このほかに、家族が今大変だから、子育てが大変だから、また大学院などで勉強が忙しい、新しい仕事に就いてその環境が大変なので今はお付き合いできない…など、いろいろな理由がありますね。もちろん本当にその理由でお付き合いできない、と言う方もたくさんいらっしゃると思います。そしてこれは日米やはり一緒ですが、お相手にはストレートに言いづらくて、こういう言い訳をする方もいらっしゃるようです…残念なことですが!

その4“You deserve better”

「あなたにはもっとふさわしい人がいる」。これは日本と一緒ですね!まさにその通りの理由ですが、遠回しな理由としても使われます。ちょっと耳が痛いのですが「あなたにはもっとふさわしい人がいる」=「私(僕)にふさわしい人は君ではない」ということになりますよね…。

その5“I love you like a friend”

「友達として愛してる」。お友達としては最高なんだけど、と言う意味ですね。これもよく使われるようです。大変耳が痛い台詞でもあります。しかし私の周りでは、このように言われてお別れしても、あとでお付き合いされる方もいらっしゃいましたので、なんとも言えないですね。これが完全にお別れの台詞になるかは、そのお相手がどれだけ誠実かどうかが判断となるかもしれません。

その6“I'm not ready for a relationship”

「まだ(一人の人と親密な)お付き合いをするには、準備ができていないのです」。大変よく聞く台詞ですが、これは実際にはお断りの文句です。準備ができていなくてもこの人!という確信が持てれば、実際には進んでいくものです。つまり「あなたとは(一人と決めて親密に)お付き合いをしようと思えない」というときに言われることが多いようですが、そのほかには『まだ、デーティングを楽しんでいたい』という意味でも使われるときがあります。それはシチュエーションによって判断されることになるかもしれません。

さて、ここまでちょっと悲しい言い訳が続きましたので、ここから少しハッピーな台詞も入れてみたいと思います。

その7“It was meant to be”

「そういう運命だったんです」。本当によく使う台詞です。恋愛だけではなく、例えば子犬をもらうことになったり、理想の仕事に就けたりなど、これって運命だったんだなあ、というときにも使われます。このお相手と出会うことは、運命だったのだ、と思うときに使われます。このように言われたら嬉しいですね。

その8“You are the best thing ever happen to my life”

「あなたは、私の人生中に起こった最大の喜びです」。直訳するとイメージがちょっと違ってしまうかもしれないですが「(あんまりいいことがなかった私の人生で、あなたが一番素晴らしい出来事である)あなたに会えて本当に感謝しているし、あなたと出会えた私は幸運」という意味ですね(長くてすみません!)。同じような言い回しで “You light up my life”. という台詞もありますね。私の人生を明るく照らしてくれる。ちなみに同タイトルの曲もありました。(とてもいい曲です)こんな風に言われたら嬉しいですよね。

その9“Right person in the right place” “You are my right one”

「ちょうどいいタイミングで現れたふさわしい人」または「あなたは私の運命の人」。関係だけではなく、仕事や他のことでも使えますが “ Right person, right one” という言い方は、リレーションシップのときに使うことがほとんどです。このように言われたら、もう結婚またはシリアスな長い関係のお付き合いに突入していることがほとんどでしょう。つまり最初出会ったときにこのように簡単に言う人は「あれ?」と思って間違いないかも…それぐらい重みのある言葉のようですね。この「正しい相手」という言い方は、日本語ではあまり馴染みがありませんが、多分一番近いのが「ご縁があって」という例の台詞ではないでしょうか。運命で決められている相手ということになります。

その10“I want to grow old with you”

「一緒に年をとっていきたい」。日本語でも同じことが言われますね。これはプロポーズの文句としても使われるようなスウィートな台詞で、このように言われたら、女性も男性も、嬉しいのではないでしょうか。もちろん、相思相愛のお相手から言われたのでなければ、大変怖い台詞ですが…!!

いかがでしたでしょうか。今回は、恋愛や結婚生活、またはお付き合い、お別れの際によく使われる台詞をお届けしてまいりましたが、聞き覚えのある台詞などあったでしょうか?もしも過去に上記のような別離の台詞を聞いたことがあったとしても大丈夫。次のリレーションシップでは、きっと嬉しい台詞が聴けるようになるための練習だったと思えば良いのです。

皆様にとって素敵な春になりますよう、お祈りしています!

2015年 3月 31日更新

お知らせ
女性プロフィール無料登録大募集中!

無料登録は簡単な質問に答えるだけ! まずはお気軽にお問い合わせください。

*弊社には幅広い年齢層の方が登録しています。無料登録、トライアル、学生プランを始め、一人一人のニーズにあったプランをご用意しています。ぜひウェブサイトも覗いて見てください!

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

International MatchmakerMiyoko Ohashi(glow biz inc)

アメリカ在住20年以上、国際マッチメーカー歴10年+の経験を持つ。1組でも多くのハッピーカップルを作るため、日夜奮闘努力中!良いご縁をご提供できるよう、皆様の婚活を誠心誠意サポートいたします。独身の方は、どんな方をお探しか、ぜひお気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES