General Manager / Matchmaker
Shiho Tsukushi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2013年 6月 12日更新

第16回 : 日本人女性のこんなところが苦手

コラムを読んでいただいている皆様、こんにちは。

日本は梅雨のシーズンに突入!の割に、雨があまり降らない天気が続いておりますが、ベイエリアの皆様はいかがお過ごしですか? サンフランシスコ(特に市内)在住の皆様は、一年のうち暑い日がおよそ1週間か2週間ぐらいしかないので、常に「肌寒い」感じですよね。 私も最初に東海岸からベイエリアに来た時はとても驚きました。 知人のなかには肌の調子があまり良くなくなった(ずっと寒いので)、と言う人もいましたね…。 最近ベイエリアへ引っ越して来た皆様、どうぞご自愛くださいね。

さて。今回はアメリカ人男性から見た 「日本人女性のこんなところが苦手」 というテーマでお送りしたいと思います。

その前に、ひとつお話をさせて下さいね。

弊社でカップルになり、めでたくご成婚されるというのが通常の流れですが(全員ではないですが。例えばご高齢の方々で、もう結婚という形にはこだわらない方々もいらっしゃいました)、実はカップルになったその日から、新たにお二人の歴史が始まります。 カップルになるというのは、弊社会員様にとって、最後のゴールではない訳で、むしろそこからまたお互いを知る為のおつきあいの日々が始まる訳です。

そんなおつきあいが始まった皆様から、ご相談を戴くことが私たちには多々あります。 その内容はお相手のプロフィールなどではなく、おつきあいそのものについてのご相談です。

これがとても不思議なことに、男性会員様は私たちには殆ど相談して来られないのに対して、女性会員様は比較的ご相談を寄せられる事が多いのです。 私たちも女性ですので、毎回お話を自分のことのように聞いており、一緒に考え込んだり、怒ったり、また客観的にみて違うかな?と思った時には、僭越ながらわかる範囲でアドバイスさせていただいたり…ということを日常的に行っております。 ただし私たちはカウンセラーではないので、心理的なカウンセリングを行うことは、残念ながらいたしかねます。

ここがアメリカと日本における婚活の異なる点だと思うのですが、日本では資格を持ったカウンセラーやセラピストに助けを求めることに抵抗がある方がとても多いのです。 しかし、もしもご自身の性格や昔からの悩み、特に身体や心の状態について深い悩みがある方には、プロフェッショナルなカウンセリングをお受けいただくようお勧めしています。 その方が婚活準備の早道だったりすることもあるのです。どうかご心配に思われる方は、ご自身で判断せず、是非一度プロのカウンセリングを受けてみて下さいね。

さて、閑話休題。テーマに戻りたいと思います。

以下は、弊社の男性会員様だけではなく、私たちの周りのアメリカ人男性からよく聞く話です。

日本人女性の良い所は

  • 「優しい」
  • 「穏やか」
  • 「様々な文化をよく知っており、グローバルな感覚を持っている人が多い」
  • 「真面目」

だそうです。

では、日本人女性の苦手な所はどういうところでしょう。
以下のような意見が多く聞かれました。

  • 「好き嫌いをはっきり言わない」
  • 「何を考えているのかわからない」
  • 「恋愛を第一にしすぎていて、自分は何をしたいのかがハッキリしない」
  • 「愛情表現が少ない」

「好き嫌いをはっきり言わない」これは確かにそうかもしれませんね。

私たち日本人は、相手に合わせることを子供の頃から徹底的に教えられます。 自分の意見を主張するだけでは 「わがまま」 「自分勝手」 と言われたりするため、私たちは常々、相手の顔色や周りの雰囲気を 「読んで」 から、発言するように行動していることが多いようです。

それに反して、アメリカでは 「自分の意見」 が大事。 “Listen to your heart says” つまり心が何と言っているかに耳を澄ますのが正しいことで、周りの人々が何を言っても夢をあきらめるな、という風潮や教育が、子供の頃から染み込んでいます。 そんなアメリカ人と日本人では、コミュニケーションにおける摩擦が起こるのは当たり前と言えます。

例えば、以前こんなことがありました。

弊社の男性会員様は、比較的よく歩く方で、その日のデートも素敵なレストランで食事をして、その後夜風が気持ちがいいのでフェリービルディングの辺りから、ノースビーチまで散歩しましょう、とお相手の日本人女性を誘いました。

実はその女性は、日本からいらしていた方で(2週間程サンフランシスコに滞在されていました)デート当日は、8cmのハイヒールを履いていたため(ディナーですので、お洒落していらしたそうです)、本当はあまり散歩は長い時間したくはなかったのですが、せっかくのお誘いだし、と思って散歩に行くことを承諾したそうです。

サンフランシスコ在住の皆様はご存知かと思いますが、サンフランシスコはとても坂が多い町。 案の定、彼女はとても足が痛くなってしまいました。 ところが彼はそれに全く気がつかず、町の案内をしながら 「ここのお店はこのような歴史があってね」 などと上機嫌で歩いていたのだそう。

彼女も失礼になっては行けないと、最初はニコニコしながら話を聞いていたそうですが、次第にひどくなる足の痛みと 「なんで気がつかないのこの人」 という怒りとで、機嫌が悪くなりはじめ…。

しまいには我慢しかねて、「タクシー!!」 と、タクシーを止め、彼には 「もう帰ります!」 とだけ告げて、ホテルに帰ったそうです。 しかし残された彼は訳が分からず 「え!!??いったいどうしたの!?なぜ?」 と大混乱。 慌てて彼女から教えてもらったメールアドレスに 「大丈夫ですか?何かありましたか?」 とメッセージを送っても全く返事がなく、どうしていいかわからないので、とりあえず失敗したんだなあ、と思って落ち込んでいたそうです。

次の日、私たちのオフィスに女性からお電話がありました。 「どうして彼は気がつかなかったんでしょう?私は8cmのヒールを履いていたんですよ!そんなに長いこと、歩けるわけないじゃないですか!鈍感なのかしら?」 と彼女はとても怒っていました。

これは、典型的なコミュニケーションのずれが起こした問題と言えるでしょう。

つまり、彼から見たら 「彼女は 『散歩しましょうか?』 という問いかけに、『イエス』 と答えた。ということは、大丈夫と言うこと。辛かったら、言い出すであろうし」 と思っていたのですけれども、彼女の方では、「本当は足が痛くなるかもしれないから、あまり気が進まないけれど、でもせっかく誘ってもらっているし行ってみよう。もしも私が辛かったら、きっと気がついてくれるだろう」 と思っていたのです。

この 「きっと気がついてくれるだろう」 という感覚。 これはアメリカに来たら捨てなければいけないもののひとつです。 なぜなら、相手は言わなければ気がついてくれないからなのです。

在米の皆様もご経験ありませんか? レストランに入って、注文を聞きに来てくれるかな、と思っていたら、全然来なくて、でも大声を出すのもためらわれて、そのまま何十分もぽつーんと座っていたことが…。

そんな経験を通して、在米の皆様は今ではきっと、レストランで席に着いて誰も来なかったら大声で “Excuse me!!” と言っていらっしゃることと思います(笑)あるいは、目線を合わせようと、誰かの顔をジーッと見つめ続けますよね!

このカップルは残念ながら、その後もう二度とデートをすることはありませんでしたが、男性の方には、今度から高いヒールを履いている女性には 「足、大丈夫?」 と聞いてあげるようにアドバイスをし、女性側には 「足が痛くなるかもしれないから、長時間歩くのは辛いかも。休み休みならいいかもしれない」 あるいは 「スニーカーに履き替えてくるから、待ってて!」 と言ったらいかがでしょう、とお話しさせていただきました。

その後どうなったか…?

この男性は違う女性とカップルになられ、退会されました。 そして女性はその後、日本人男性とご結婚されたそうです。

いかがでしたでしょうか?
今回は 「日本人女性のこんなところが苦手」 をお届けしました。
独身の皆様が素敵な方に出会えるよう、お祈りしています。

2013年 6月 12日更新

お知らせ
ホリデーキャンペーン実施中!

glowマッチメーカーからステキな出会いをプレゼント☆

・フリートライアル 先着10名様
・メンバーシップ 50%OFF
・無料プロフィール登録

この機会をお見逃しなく!

詳細は「まちかどホットリスト」をご覧ください。
https://sanfrancisco.vivinavi.com/cf/desc/_wid_1a8fe3a7b25b640371cec10f942e1c9e00ba703a

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

General Manager / MatchmakerShiho Tsukushi(glow biz inc)

国際マッチメーカーとして6年以上の経験を持つ。心からみなさまの喜び(幸せ)を作る、より優れたハッピー・メーカーになるため日夜粉砕努力中。今まで、沢山のカップルを作ってきましたが、中には有名人の方々も。どんな方を捜しているか、独身の方、お気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES