International Matchmaker
Miyoko Ohashi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~
第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2013年 8月 13日更新

第18回 : 遠距離と近距離恋愛

こんにちは。

8月に入り、夏真っ盛りですが、皆様お元気でいらっしゃいますでしょうか。 今年は熱中症になる人が続出するなど、日本ではかなりの猛暑が続いているようです。 暑い地方の方、どうぞご自愛くださいね。

さて今回のコラムでは 「遠距離恋愛から結婚」 について、お届けしたいと思います。
皆様は、あるいは皆様のお友達は、遠距離恋愛をしたことがありますか?

遠距離になってしまったら、彼や彼女とすぐに会えない…。 そうなってしまったら、疑心暗鬼になってしまって、辛くなる…。 だから遠距離恋愛はしないようにしている… という方もいらっしゃるでしょう。 女性は比較的、遠距離でも大丈夫な方が多いのに比べ、男性は遠距離恋愛だとちょっと辛い、とおっしゃる方が多いようですね。 弊社でも、コンサルテーションにおいでになる男性の方々に、女性の方がお住まいの地域の希望などをお伺いすると、殆ど皆様、このようにおっしゃいます。

  • 「なるべく、近くの方がいいです」
  • 「できれば、なるべく、ローカルの方を」
  • 「遠距離は苦手なので…」

勿論、その気持ちはよくわかります。
好きな方が、近くにいないと不安になりますものね。 余計な嫉妬心がめらめらと燃えあがってしまう、という人もいるかもしれません。

しかし!

国際結婚、または国際恋愛で結婚した方々が周りに多い私たちマッチメーカーの経験から言うと、実は遠距離恋愛はそんなに悪いものでもないのです。 実際の所、遠距離恋愛でスタートしたおつきあいが、あっという間に結婚に繋がるケースを沢山見てきました。

例えば、弊社でカップルになり、現在結婚準備中のベイエリア在住のAさんと日本在住のBさん。 40代と30代のとっても素敵なカップルです。 Aさんは、当初ローカルにお住まいの女性を希望されていました。 弊社でも、はじめはベイエリア在住の女性をご紹介していたのです。 しかし、なかなかお互いが惹かれあう、という方には、すぐに出会うことができませんでした。 その後弊社では、A さんに日本在住の明るくて素敵なBさんをご紹介しました。 Aさんは最初遠距離になることを、正直不安に思われていましたが、弊社マッチメーカーの熱心な勧めにより、AさんはBさんとお会いになることをようやく決断。 そしてお2人は、昨年の9月頃に、初めて弊社を通したミーティングで出会い… やはり、すぐに意気投合。 その後、BさんがAさんを訪ねて、ベイエリアにお越しになり、その後トントン拍子にお話は進み、お互いのご両親に会いご挨拶をして… あっという間に今年の3月、公的な手続きに入られています。

このケースはむしろ、ローカルでおつきあいをしているカップルよりもスピードが速い… かもしれません。 でも、しょっちゅう会えるはずのローカル同士のおつきあいと、離れて暮らしているカップルでは、遠距離のカップルの方が、不利のような気がしますよね。

ところが、これが違うのですよね。

離れているからこそすぐに又会いたい、ずっと会っていたい、というのが、結婚の決意を固めるという流れにおいて、このようなスピード婚に繋がっているようです。

勿論カップルにより個人差はあります。 ローカルのカップルでも、あっという間に婚約や結婚に至った方もいらっしゃいます。 しかし今までの経験からいうと、国際結婚の場合は、比較的遠距離の方が早くまとまったりすることが多いようなのです。 手続きを進めないと会えない… ということもありますよね。

ですから、今彼氏や彼女が州外あるいは国外にいる方々も、どうかお力を落とされませんように! 決意次第では、今年中に結婚だってあり得るかもしれません。 結婚は、ある意味タイミングです。 これは結婚したことのある方なら、皆さんおわかりになると思います。 そのタイミングをどう作っていくかが大事なことだと思います。

では、どうやって遠距離恋愛をうまく進めていけばよいのでしょうか?

知人の遠距離恋愛カップルは、女性が日本人で、男性がアメリカ人でしたが、お互いが仕事や学校で離れている期間が大分長く続いており、同じアメリカ国内でも、違う州に住んでいたりしていました。 しかしその間も2人は、できるだけ連絡を密に取り合うことで乗り切っていました。 そして、やっと同じ州に住むことが出来るようになって、何年か一緒に住んでから結婚し、今は幸せに暮らしています。

このように、遠距離恋愛では、離れていてもうまく2人の気持ちをキープするコツがいくつかあるようです。
大事なことをいくつかご紹介しますね。

1. 連絡はできるだけ密に取る

離れているからといって、時々しか連絡を取らないでいると、お互いの変化にも気がつかないことが多くなってしまいます。 毎日は無理でも、出来れば2日に一度は電話で声を聞くなど、連絡を取りたいですね。 電話が無理という無口な彼氏や彼女には… ちょっと難しい!?でもそれくらい 「顔を見る」 「話す」 というのは、遠距離恋愛において大事な要素となってきます。

2. 文明の利器を利用する

例えばスカイプや、iPhoneなどを使った 『FaceTime』 と呼ばれる顔を見て話すビデオ通話アプリなどを利用しましょう。 最近では、スマートフォンを使った無料電話が、国際長距離電話でも使えるようになっています。 昔とは違ってこのアドバンテージを活かさない手はありませんね。

3. 次回会う計画を立てる

できれば、次回会う時を大まかでもいいので決めておくこと。 そうすれば、それに向かって2人でプランを立てることができます。 例えば3ヶ月後には有休が取れるから、お互いの距離の真ん中辺りで旅行の計画を立てたり…。 お互いの住む所を訪ねる計画を立てたり…。 誕生日や記念日の企画を立てたりなど。 楽しいことを考えれば心も弾みますね!

4. 楽しく話すことを心がける

離れているのですもの。 疑心暗鬼になる気持ちはわかります。 彼が飲み会から電話して来たり、仕事場の女性の話をしたりしたら、離れた所に住む彼女は不安になることも多いでしょう。 しかし、いきなり問い詰めるような口調になって責めては、彼にしてみれば、何も無いとしても、だんだん説明することや、ひいては彼女と電話で話すのが苦痛になってきてしまいます。 遠距離恋愛をするにあたり、彼を信用すると決めたら、ある程度は信用し、電話ではできれば楽しく話すようにすること。 男性も女性にやたらに 「その飲み会に男はいないだろうな~」 などと、細かいチェックを入れないこと! が大事です。

5. 2人にとって得になること、楽しいことを進めていく

「私がこうしたいのだからこうして! 来月はこうして!」 や 「俺の都合がこうだから、キミがあわせろよ」 では、どんなに仲の良いカップルでも、だんだん何となくしっくりこなくなってしまいます。 お互いが希望を述べながら、譲歩できる所は譲歩して、思いやりを持って接することが大事です。

いかがだったでしょうか。 今まで遠距離恋愛を何となく敬遠していた方、恋人が離れた所へ転勤するから、別れたほうがいいのかな… と考えていた方も、遠距離恋愛も視野に入れて、再度考えてみませんか? 近くの人でなければいけない、ということは無いのですもの。

最後に私たちマッチメーカーから、遠距離のお相手候補の方々に会おうか会うまいか、どうしようかと迷っている方々に、お勧めの言葉をお贈りしますね。 「近くの気の合わない人や、価値観が違うピンと来ない人より、遠くに住んでいても気が合って価値観も同じ素敵な人のほうが、長~い結婚生活を送る為にはよいと思いませんか?」

皆様の参考になることを祈っています。

それでは、又、来月のコラムでお会いしましょう!

2013年 8月 13日更新

お知らせ
女性プロフィール無料登録大募集中!

無料登録は簡単な質問に答えるだけ! まずはお気軽にお問い合わせください。

*弊社には幅広い年齢層の方が登録しています。無料登録、トライアル、学生プランを始め、一人一人のニーズにあったプランをご用意しています。ぜひウェブサイトも覗いて見てください!

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

International MatchmakerMiyoko Ohashi(glow biz inc)

アメリカ在住20年以上、国際マッチメーカー歴10年+の経験を持つ。1組でも多くのハッピーカップルを作るため、日夜奮闘努力中!良いご縁をご提供できるよう、皆様の婚活を誠心誠意サポートいたします。独身の方は、どんな方をお探しか、ぜひお気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES