International Matchmaker
Miyoko Ohashi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第58回 : 
ITオタク男子はスルメイカ!?

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~
第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化
第58回 : 
ITオタク男子はスルメイカ!?

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2014年 7月 1日更新

第28回 : しつこい恋人にならない方法

皆様こんにちは! 初夏ですね。 もうすぐ独立記念日の花火やバーベキューが楽しみになる頃ですが、いかがお過ごしですか? さて本日のコラムは、男女間のおつきあいでよく聞かれる英単語のひとつ “clingy” という単語についてお話ししましょう。

この単語、ご存知でしたか?
“clingy” とは、ひとことで言えば 「しつこい」 「くどい」 などの意味になります。 自分の恋人が、ベタベタした、自立心が全くない、頼り切りのタイプの場合、“she (he) is so clingy!” などと言ったりします。 そしてこのタイプは、かなり年の差があったり、そういう女性 (男性) を好きなタイプの方なら話は別ですが、大抵の自立した大人には、うんざりされてしまいます。 そしてなぜか“clingy”と言われるタイプの人は女性が多かったりします。

とはいえ、新しい恋愛に踏み出したとき、どのくらい頼っていいのかな? 信用していいのかな? 甘えていいのかなあ? と、迷うことはありませんか? もちろん、そんな迷い無く関係に踏み込んで行けるなら、それはそれですばらしいことですが、そういう関係って滅多に無い気がします。

もしもあなたの彼が 「僕の恋人って、本当にもう、しつこくって…」 というセリフを共通の友人にしていたりして、それをふと聞き及ぶようなことがあったら…。 ショックですよね。 特に日本人の 「甘えてよいレベル」 と、アメリカ人の 「しつこいと思うレベル」 が違うこともあり 「あの子、しつこい!」 と言われることになれば、せっかく始まった恋もあっという間に終了… ということにもなりかねません。 日本よりアメリカの方が、この部分について過敏な気がします。 いわゆる 「自立心」 に通じることだからかもしれません。

自分はもしかして “clingy” な恋人かしら?! と思う方。 ぜひ、以下のサインを見逃さないで、しつこい恋人になることを避けてくださいね。

しつこい恋人にならないために
その1誰にだって1人になりたい時がある

あなたの恋人が1人でいたい時にも、一緒にいようとしていませんか? 時におつきあいにもスペースが大事です。 お互いを信頼し、それぞれのスペースを大事にしましょう。 それがおつきあいにも緩急をつけます。

その2あなたばっかり話していませんか?

毎晩毎晩、恋人と長時間電話で話す。 それは楽しいことですし、気持ちはわかります。 しかし恋人にも、夜、普通の生活をしていればすることがあるのです。 たまにはそれを尊重してあげましょう。 特に話すことがなく、あなたは長時間話したいのに相手はそうでもないというとき、大抵忙しくしていたり、生活でしなければならないことがあったりするものです (家のお手伝いだったり、明日の仕事の準備だったり、調べ物だったり、オンラインバンキングだったり、スポーツニュースのチェックだって!) いろいろな可能性がありますが、全てを知ろうとする必要はありません。

その3あなたの生活は恋人で一杯!

あなたの恋人は趣味や仕事、友人関係で忙しそうなのに、あなたには何も無くて、恋人とのコミュニケーションだけが人生の糧になっていませんか。 外に出て自分の友達と出かけましょう! いつまでも恋人がプランを立ててくれるのを待っていないで。 自分自身を大事にして、恋人が電話してくるかもと、いつも空き状態にしておくのはやめましょう。 もしもあなたが “しつこい恋人” になりたくないのなら、あなたの恋人を人生の全てではなく、その一部に変えるようにしていきましょう。 例えそうでも、相手には 「俺 (私) がこの人の人生の全てなんだ」 と思わせないように!

その4あなた以外の人は、すべて恋人にとって悪い影響を与えると思っていませんか?

いや本当に、正直言って自分以外の彼・彼女に近づく人は、全て悪者だと思っていませんか? あなたは恋人に会って恋に落ちたわけですが、恋人にはあなたに会う前の人生がありますし、友人も知人もいます。 もちろん中には、本当に悪い影響を与える友達もいるでしょう。 でもそういう友達を避けようとするのではなく、彼・彼女自身があれ? と思った時を狙って少しずつ伝えていけばいいことです。

その5なんでもかんでも頼みすぎる

小さなお願いを彼にするのは、男性にとっても嬉しいことだったりするようですね。 そこは万国共通。 だけどあまりにも頼みすぎたり、頼りにしすぎるのは、too much です。 具体的に 「これはダメで、これはOK」 と特定することは人それぞれなので難しいですが、相手の許容量を見極めて頼むようにしましょう。 くれぐれも 「前の彼は出来たから、この彼にも頼もう!」 という感覚で比べたり頼んだりしないように!

その6彼が魅力的な女の子に会ったら? と思うと心配

彼が、共通の知り合いでとても素敵な女性と時間を (たとえ会議などでも) 過ごしていると思ったら落ち着かない…! ということはありませんか? なぜでしょう? あなたは、彼がその女性と恋に落ちてあなたと別れる、ということを恐れているのでしょうか? もしもそうなら、あなたは自分に自信が無いタイプで、自分自身も素敵な男性たちと会話をしていないのかもしれません。 女友達と出かけて、彼がいない所で、素敵な男性達とたまには話をしてみてください。 そうすれば、素敵な人と話したからといって、その人とどうにかなろうとは思わないことに気がつくでしょう。 かえって、あなたの彼を信用し始めることが出来るかもしれません。

その7彼が彼の友達と遊ぶのがいや

彼があなた以外の人と時間を過ごすのがいやですか? なぜ彼がそうするとあなたはいやなのでしょう?

  1. 彼はあなたと十分に時間を過ごしているかもしれない。
  2. 彼はあなたはいつでも空いているので、自分の都合のいい時も空いていると思っている。

彼がいなくて寂しくなる唯一の理由は、彼と遊ぶ以外することがないからです。 そんな女性になっちゃダメです。 自分自身が楽しいと思えることを探して、彼の方からあなたともっと一緒にいたいと思われるような女性になりましょう。

その8恋人関係をもう一歩踏み込ませたいと思っている

真剣に考えているのはわかります。 ただ、もしもこのおつきあいに不満があるならば、やめることだって出来るのです。 起こらないことを期待して、誰かを変えようと必死になることはありません。 彼がもう少しよい人になったら、もっとよい関係になれると思っているのかもしれませんが、無理強いはいけません。 それはあなたの理想であって彼の理想ではないかもしれないのです。

その9疑り深い

仕事で遅くなったり、友達と遊んで遅くなったからといって浮気してるとは限りません。 もしも仮に、本当に男性が浮気したいと思ったなら、それをあなたが事前に止めることが出来ると思いますか? 男性も女性も、浮気をしたいと思うから浮気をするのであって、それをするためならなんとしてでもするでしょう。 あなたの彼はあなたを愛しているのであって、新しいきれいな女性と出会ったからといって、あなたのことを思っていないわけではないのです。 あなたのことを大事に思っているならば、彼は正しい行動をするでしょう。 毎回家に帰る度に、服のにおいを嗅ぐような女性はいやがられます。 ちなみに、女性が疑い深くなればなるほど、彼が浮気したくなる度合いが高くなるという悪循環です。 もし、もう浮気していることが決定なら、証拠を見つけて直接聞きましょう!

その10連絡魔

SNSやテキスト、メールで常に連絡を取る。 最近は便利になっていますから、そのテキストを読んだかどうかもわかるようになっていますね。 しかし毎時間チェックしているあなたはよいかもしれませんが、彼も同じことがしたいのでしょうか? 人は皆違うもの。 自分のしたいことを彼に押し付けないようにしましょう。 勿論男性でもそれが好きな人もいます。 そういう人がよいなら、同じ価値観の人を探す方がよい時もあります。

最後に彼は私のことを私が彼を思うように好きじゃない

もしもあなたが、彼は自分が彼を好きな気持ちの半分も自分を好きじゃない。 何て思うのであれば、あなたはすでに “clingy girlfriend” です。 少し彼にスペースを与えてあげたらいいかもしれません。 なぜ、彼があなたを十分に愛していないと思うのでしょう? 話してみてください。 もしもお互いの優先順位が違うならば、話し合って解決するのが一番です。

まとめ

あなたは素敵な女性です。 自分を信じて大事にしましょう。 卑下しないで。 あなたと彼はお似合いですよ。 自立しましょう。 小さな頼り事なら彼を頼っても大丈夫です! 早いステージで与えすぎないこと。 自分を大事に。 あなたはちゃんと扱われる権利がある女性です。 あなたはヒドイ扱いをうけるような人ではないのです。

いかがでしたか? 今回は 「くどい」 「しつこい」 「疑い深い」 といわれる “clingy” な女性にならずにすむ方法をお届けしました。

独身の皆様にはどうぞ、素敵な出会いがありますように!
来月のコラムもまたお楽しみに!

2014年 7月 1日更新

お知らせ
女性プロフィール無料登録大募集中!

無料登録は簡単な質問に答えるだけ! まずはお気軽にお問い合わせください。

*弊社には幅広い年齢層の方が登録しています。無料登録、トライアル、学生プランを始め、一人一人のニーズにあったプランをご用意しています。ぜひウェブサイトも覗いて見てください!

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

International MatchmakerMiyoko Ohashi(glow biz inc)

アメリカ在住20年以上、国際マッチメーカー歴10年+の経験を持つ。1組でも多くのハッピーカップルを作るため、日夜奮闘努力中!良いご縁をご提供できるよう、皆様の婚活を誠心誠意サポートいたします。独身の方は、どんな方をお探しか、ぜひお気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES