International Matchmaker
Miyoko Ohashi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第58回 : 
ITオタク男子はスルメイカ!?

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~
第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化
第58回 : 
ITオタク男子はスルメイカ!?

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2016年 2月 26日更新

第48回 : 国際結婚―決め手となる要因

皆様こんにちは。早いもので、もう2月も終わりですね。2月の行事といえばバレンタイン。皆様のバレンタインはいかがでしたか?アメリカに住んでいる方はご存知かと思いますが、こちらのバレンタインは女性が男性に告白する日ではなく、男性も女性にプレゼントをしたり、花を贈ったりなど愛情表現をします。

知人の旦那さんは毎年バレンタインになると張り切ります。朝起きてバスルームに行くと、鏡に“I Love You!”と書かれたpost it(付箋)が。トイレットペーパーもハート模様に変えられ、トイレの蓋を開けるとそこにもメッセージが!(笑)ほかにも、クローゼットや冷蔵庫、車、バックなど、とにかく彼女の目に留まるいたるところに愛のメッセージがちりばめられていたそうです。

こんなエピソードを聞くと、素敵なお相手を見つけることって、本当に素晴らしいことだな、といつも思います。良い関係を築いているカップルから幸せオーラを分けてもらうのは、特にシングルの方にはとても良いことです。自分も幸せになりたいとイメージトレーニングができますので(ちょっぴり焼けてしまったり、羨ましくなったりしてしまうこともあるかもしれませんが)前向きに良い雰囲気をたくさん吸収してくださいね。

素敵なカップルといえば、最近日本では、ディーン・フジオカさんという、グローバルに活躍されている俳優さんがとても人気です。日本で生まれ育った方だそうですが、国際結婚をされていて、奥様や私生活について、インタビュアーから質問されているのを先日テレビで拝見しました。奥様はインドネシアの方でプロポーズのお言葉なども臆さずお話しになっておられ、とても素敵だなと思ったのですけれども…。

残念なことに、日本のバラエティ番組では、そういうカップルや海外の俳優さんなどに対して、ステレオタイプでジャッジメンタルな質問をするインタビュアーも多く、海外に住んでいる日本人から見たら、的外れで恥ずかしくなったり、ハラハラしたりすることがあります。

例えば、くだんのバラエティ番組でディーンさんに、あるアナウンサーがこのように質問していました。

「やはり、奥様は優しい方なのですか?」

日本人の方ならお分かりかと思いますが、この質問の意図としては、きっと奥様は優しくて素敵な方、だから(外国人でも気にならず)結婚したのではないか?またはうちの奥さんは優しいから好きだ、という答えを引き出したいから聞いている質問、という風に思えるニュアンスがありますよね。

しかし国際社会で考えてみると、こういう質問をすること自体がもうすでにちょっとずれており、優しかろうが冷たかろうが、どんな人を好きであろうと、その人の自由であり、優しい人が選ばれないといけないという概念が違いますよね。なので、あれれ?と私は思ってしまい、ディーンさんがどう答えるか、興味を持って見ておりました。

ディーンさんが「うーん、そうですね、ジャカルタの虎という感じです(笑)」と答えると、インタビュアーが、「ああ、そうなんですね、厳しいのですね」と、話を違うところに持っていこうとしたのですが、ディーンさんは続けてこう答えました。「うん、厳しいですよ。でもね、根っこのところというか、人に優しい人なんです。人を助けることが普通に生活の中で自然にできる人なので、愛溢れる人ですよ」。

大変素晴らしい回答で、一視聴者である私もホッといたしました。しかしその後も、番組上、ある一定の答えを導き出したいからなのでしょうか、色々と失礼な質問が続きます。

「でもやっぱり、海外の方っていうのは、分かりあえないところがあるんでしょう?例えば、卵焼きの味付けが違うとか、味噌汁の具が俺の実家とは違うな、とか」。

意図するところは分かるのですが、あまりにあまりな質問…。ちょっと見ていて恥ずかしくなりました。すると、ディーンさんは「いえ、そういうことは相手に期待していないから」と一言。

さらにその後もハラハラする質問が続きました。

「外国の人はよくハグやキスをしますが、自分が疲れ切っていて、落ち込んでいて、近くに来て欲しくない時とかには、国際結婚の時にはどうするのですか?」など…。

こんな質問に対しても(疲れ切っていても、近くに来て欲しくないなんてこと、考えたこともない!驚き!)のような表情をされながらも、考えながら「うーん…そうだったら、彼女にそう伝えます。『ごめん。今こういう気持ちで、ちょっと一人になりたいから』って」と、おっしゃっていたのが印象的でした。

素晴らしい受け答えを拝見し、私は思わず「そうそう」と言いたくなりました。国際的な方であればあるほど「女性らしく優しいから」や「料理が上手だから」などは、結婚の決め手となる必須ファクターではないのですよね。むしろそういった点はどうでもいいことです。

では国際結婚では、何が結婚の決め手となる必須ファクターなのでしょうか?

ズバリ、一概には言えません。というのも、個人により何が大事か、そしてプライオリティは違うものですから。弊社ではコンサルテーション時に、どんな時に愛されていると感じますかと伺うようにしています。お相手選びのプライオリティの中に、料理が上手な人がいい、というのは日本人男性以外では聞いたことがありませんし(一緒に料理を楽しめると嬉しいと料理好きの男性から聞くことはあります)掃除洗濯、自分の世話を焼いて欲しいという希望も聞いたことがないですね。それは、お相手となる方へ求めることではありません。

反対に、僕は母親や家政婦を探しているわけではないと言われる方も多く、お付き合いの段階で、あまりにも母親の様に世話を焼いてしまうと、ロマンチックではないと冷めてしまう方もいらっしゃいます。お互い忙しく一緒に過ごす時間がない場合、ベビーシッターや家政婦を雇ってデートに出かける努力を惜しまないカップルも多いです。以前にも書いたことがありますが、家事や育児を頑張りすぎている女性よりも、体型維持のためにスポーツジムに通っている妻を魅力的と思う方も少なくありません。

日本では昔から、雑誌の特集や親、親戚、知人友人などに「男性を落としたいなら胃袋から攻めろ」「料理上手、掃除上手は花嫁修業」のようなことを刷り込まれすぎているせいか、男性も女性にそれを求め、女性もそれができないといけないという気持ちになっているのではないかなと思うのです。人を雇ってまで子供を預けて遊びに行くということは考えもしないですし、まるで悪い親と罪悪感を感じる人も多いのではないかと思います。

国際的な方であれば(もちろん、どこにでも例外的な方はいらっしゃいますが)、大抵、相手の女性に母性を求めません。パートナーとしての女性は求めるますが、結婚相手を探すときに、母親代わりを探してわざわざ一緒になるわけではないのです。もちろんお料理がお上手であれば嬉しいことではあります。が、どうして彼女ばかり料理をしないといけないのか、ということになってきます。共働きであれば、順番に料理をしたり、出来合いの物ですませたりしても良いと考える方が大部分です。

もう一つ。結婚相手への希望項目の必須となるファクターは、スキンシップの大切さについてです。

日本人はスキンシップについて照れてしまうというか、恥ずかしいと思う傾向がありますね。ハグしたり、手をつないだり、キスしたりといったような触れ合いを、付き合っている間にはしていても、結婚生活が長くなると、だんだんしなくなってしまうようです。実は男性は意外と繊細で、奥さんや彼女に愛されているかどうかをこのスキンシップで測る方も多いようです。

こんなブラックジョークも聞いたことがあります。男性はいつまでも女性に変わらないでいて欲しいと願うが、女性は変わってしまう。女性は男性に変わって欲しいと願うけれども、男性は変えられない。

いつまでも恋人同士のようにいて欲しいと思う男性は、古今東西、特に海外の方には多いようです。夫婦やカップルがいつまでも仲良くコミュニケーションをとり、良い関係を保ちながら過ごしていくためには、スキンシップが必須です。日本人女性のみなさまは、お付き合いが長くなっても、お相手とのスキンシップを大切にし、愛情表現をしてあげてくださいね。そして日本人男性のみなさま、時にはロマンチックな方法で奥様や彼女を大切に思っていることを伝えてあげてください。

いかがでしたでしょうか。本日は「国際結婚:決めてとなる要因」についてお届けしました。ご意見などございましたらglowまでぜひお寄せください。また来月お会いしましょう!

2016年 2月 26日更新

イベント情報

glow マッチメーカーズが姉妹会社とコラボレーションイベントを開催致します。ゆったりとワイングラスを片手に魅力溢れる国際色豊かな男女で素敵な週末のひと時を過ごしてみませんか?

人数に限りがございますのでお早目にお席を確保ください。

日時: 10月6日(土)16時~18時
参加費: $200(ワイン、アぺタイザー代込)
場所: サンフランシスコ市内
対象: 日本人でも日本人出ない方も男女共にご参加可能です!

お知らせ
女性プロフィール無料登録大募集中!

無料登録は簡単な質問に答えるだけ! まずはお気軽にお問い合わせください。

*弊社には幅広い年齢層の方が登録しています。無料登録、トライアル、学生プランを始め、一人一人のニーズにあったプランをご用意しています。ぜひウェブサイトも覗いて見てください!

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

International MatchmakerMiyoko Ohashi(glow biz inc)

アメリカ在住20年以上、国際マッチメーカー歴10年+の経験を持つ。1組でも多くのハッピーカップルを作るため、日夜奮闘努力中!良いご縁をご提供できるよう、皆様の婚活を誠心誠意サポートいたします。独身の方は、どんな方をお探しか、ぜひお気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES