General Manager / Matchmaker
Shiho Tsukushi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2012年10月 30日更新

第10回 : おつきあいを結婚に発展させよう

皆様、こんにちは。 10月末ですね。 米国ではハロウィン一色になる月です。 また、映画等、ハロウィンにちなんで、怖い映画等が一気に公開になる月でもあります。 お子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんに仮装をさせ、一緒にご近所を Trick or Treat! とまわって、キャンディやお菓子を集めたりしますが、独身の方々は、それぞれお友達の家でハロウィン仮装パーティを開催したり、集まって怖い映画を見に行ったり、など、それぞれに楽しまれるようですね。

では、カップルの方々はどうしているか? と言うと、感謝祭等の家族イベントに比べて、ハロウィンはそれほど、カップル同士が出かけるイベントではないようですね。 皆さんでパーティを楽しむことが多いようです。 独身の間のハロウィンの楽しみ方と、結婚して、家族となってからのハロウィンでは、お子様の有無にもよりますが、楽しみ方が変わってくるようですね。

さて、今回のテーマは、「おつきあいを結婚に発展させよう」 です。

皆様にもご経験があるのではないでしょうか? お相手は見つかるのだけれども、そして、おつきあい迄は行くのだけれど、なかなかプロポーズ迄至ったことが無い… あるいは、今おつきあいをしている彼、彼女とは、自分は結婚を意識しているが、相手の方はどうも、まだそこまで気持ちが固まっていないような… そうこうしているうちに、一年、二年、経ってしまい、些細なことからだんだんと、うまくいかなくなり、結婚迄はたどり着かずおつきあいが終わってしまったり… 「なぜ、私は、プロポーズされないのかしら?」 「いったい、私のどこが悪いのかしら?」 と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、女性からプロポーズするのもありですし、そうやってご結婚に至った方々を私も何名も知っています。 どちらからプロポーズしても、その後幸せならば、全く関係ないですよね。 しかし、女性側としては、やはり、オーソドックスに男性から指輪を渡されて、プロポーズされたいもの。 私がお会いしたお客様にも、そういう方々が沢山いらっしゃいます。 では、いったい、どうしたらいいのでしょう?

おつきあいも順調に進んでいるようなのにプロポーズに至らない、と悩む方々には、あるいくつかの共通点があると思います。

例えば、

【男性側】
  • 彼が結婚する気がまだない (まだ早いと思っている)
  • 経済的に不安定なのでプロポーズできない
  • 子供を持つ自分の姿がイメージできない
  • 相手の女性が結婚する気がないと思っている
【女性側】
  • 年齢的に出産を焦っていてプレッシャーをかけている
  • とにかく結婚したいと思っている
  • 結婚したら仕事をやめたいと彼に伝えている

と、いうようなことはありませんか?
その他、既に一緒に住んでいるカップルならば、特に結婚しなくても楽な状況が続いているので、よっぽどこのことが無い限り、彼としては結婚をしなくても別にこのままでいいのでは… と思っていたりするようです。

ある独身40代のアメリカ人男性は、20代・30代でお仕事もバリバリされていて、プライベートも充実し、自分のしたいことを一人でこなして来ているので、「結婚は40歳になってからでいいかな… 」 と思っている様子。 男性側の 「まだ結婚する気がない」 と思っている人はそんなタイプの方が比較的多いように思われます。 実際、5年ほど前までは、その方々の年齢が42~3歳でしたが、最近では45~7歳ぐらいまで、その年齢が上がっているように思われます。 男性の方の年齢は幾ら上がっても、お相手の女性の希望年齢についてはいくつになっても変わらなかったりします。 お子様が欲しい方ならば、特にそうですね。

さて、女性側としては、最近では卵子を冷凍して… などというSFチックなことも可能にはなって来たとはいえ、やはり、出産するとなれば、残念ながらタイムリミットがあるわけで…。 そうなるとどうしても、自分が出産できる時に結婚もしていたいと思うもの。 そして 「結婚したい」 と彼に言い出すよりは 「子供が欲しい」 と言う方が恥ずかしくない、と思う方も多いようです。 だから、出会った初期ぐらいからでも、子供が欲しいから (結婚しましょう) というアピールをどんどん送る方もあるようです。

実は、これが男性の方にはとてもプレッシャーなのだそう。 男性の方は、女性がそのアピールを出しているかどうか、案外よく見ているもの。 そのサインには気がついています。 だけど、一般男性の多くは、「自分にはまだ彼女と子供を養えるほどの甲斐性がないし」 と思っている方も多いようです。 特に男性が若ければ若いほど、やりたいこともあるし仕事も忙しいし。 そして、女性にはとっても考えたくないアイデアですが、「彼女よりいい女性に会うかもしれないし」 と思っている方もあるでしょう。 そんな時に幾ら女性がプレッシャーをかけても、逆効果。 プロポーズ等まで至るのは難しいかもしれませんね。

では、どうしたらいいのでしょう?

結婚を望んでいて、彼からのプロポーズをずっと待っていて、おつきあいもうまく行っていると思うあなた。 まずは、正直な気持ちで、彼とよく話し合ってみてください。 いろいろな駆け引きをしよう、と色んな恋愛コーチ本がいいますが、あまりそればかり鵜呑みにしないように! あなたが、望む結婚とは、いったいどういうもので、それはこの相手でいいのか? 相手は子供が欲しい方なのか? 欲しくないのか? 結婚のあとは、お仕事はどうするのか? 住む場所はどうするのか? など、話し合うことは沢山あります。

結婚は人生のひとつの通過点であり、それ自体がゴールではないのですから。 それに、結婚をするお相手なのですから、最初からいろいろなことを話し合えないとあとで必ず困ることになります。 ですから、よく話し合ってみることをお勧めします。 意外と、カップル間のコミュニケーションがちゃんと取れていないお二人も多いものなのです。 もちろん、好きだから言いにくい、ということはよーーーくわかっていますが! (こんなこと書いている私も、重大なことを話し合う時には、今でもちょっと手が震えます!!) でも、勇気を出してみてくださいね。 あなたの人生ですもの。

ちなみに、国際結婚カップルのお話で言うと、あっという間にプロポーズと結婚に至る時には、こんなケースがありました。

地域的な問題で早く結婚する場合

例えば、Aさん (40歳、日本人男性) と、Bさん (日本在住、38歳) の場合。 この2人は、出会ってすぐに意気投合、しかし遠距離恋愛になってしまう為、しばらくお2人が行き来をしたあと、3ヶ月後にお相手のご両親にご挨拶、そして半年後にご結婚、というスピード婚でした。

そして、Cさん (アメリカ人男性、60歳) と、Dさん (45歳) も、そうでした。 Dさんが日本にお住まいの方だったので、半年ほど行き来とやり取りをなさって、その後すぐにご結婚されました。

彼女以外のひとがいないと男性が確信している場合

Eさん (アメリカ人男性、38歳) は、サンフランシスコ在住のFさん (日本人女性、33歳) に出会って 「彼女こそが自分の探していた人だ!」 と思いました。 彼女以外の人にはもう出会えないだろう、だからすぐプロポーズするつもり。 とおっしゃっていたのです。 それでも半年ほどはおつきあいされましたが、その後プロポーズされました。 実は、Fさんの方は、最初はEさんでいいかどうかわからなかったらしいのですが、お付き合いするうちにEさんの真剣さにだんだんと心が動き、プロポーズにイエスとお答えになったと言うことでした。

あなたと結婚したら、人生が楽しくなるし、きっとそれが一番の選択だ! と男性が思っていたら、きっと彼からプロポーズをしてくると思います。 あなたは、彼とデートしている時に愚痴ばかり言っていませんか? どうか、あなた自身も楽しんで、そして彼も楽しく過ごせるようなパートナーシップをあなたが送れますように。 そして、お互いの人生についてどんどん話し合ってみてください。 それがカップルを必ずお互いの望む方向へ導くでしょう。

いかがでしたか?
次回は、「誤解されている文化の違いその1」 をお届けします。 お楽しみに!

2012年10月 30日更新

お知らせ
ホリデーキャンペーン実施中!

glowマッチメーカーからステキな出会いをプレゼント☆

・フリートライアル 先着10名様
・メンバーシップ 50%OFF
・無料プロフィール登録

この機会をお見逃しなく!

詳細は「まちかどホットリスト」をご覧ください。
https://sanfrancisco.vivinavi.com/cf/desc/_wid_1a8fe3a7b25b640371cec10f942e1c9e00ba703a

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

General Manager / MatchmakerShiho Tsukushi(glow biz inc)

国際マッチメーカーとして6年以上の経験を持つ。心からみなさまの喜び(幸せ)を作る、より優れたハッピー・メーカーになるため日夜粉砕努力中。今まで、沢山のカップルを作ってきましたが、中には有名人の方々も。どんな方を捜しているか、独身の方、お気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES