International Matchmaker
Miyoko Ohashi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第65回 : update
恋愛withコロナ

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~
第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化
第58回 : 
ITオタク男子はスルメイカ!?
第59回 : 
お勧めバツ組男子の見抜き方
第60回 : 
婚活市場で苦戦する女性とは ~前編~
第61回 : 
婚活市場で苦戦する女子とは ~中編~
第62回 : 
婚活市場で苦戦する女子とは ~後編~
第63回 : 
“Stop The Virus, Not Your Love!”
第64回 : 
家庭内での社会的距離
第65回 : 
恋愛withコロナ

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコ、シリコンバレーを拠点に、グローバルにネットワークを持つ国際結婚相談所『glow』のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2020年 6月 4日更新

第64回 : 家庭内での社会的距離

新型コロナウイルスのパンデミックによって世界中が大混乱になり、住むエリアによっては規制が異なりますが、私の住んでいる町に外出禁止令が出てから、あっという間に2ヵ月が過ぎました。新型コロナウイルスとの付き合い方にも慣れてきましたが、皆さまはどのようにお過ごしでしょうか?国や州、町によっては規制が徐々に緩くなって来ましたが、まだまだ新型コロナウイルスとの付き合いは長引きそうで、気を緩めないことが大切ですね。

新型コロナウイルスの影響は、経済だけではなく、家庭内にも大きく及んでいると言われていますね。それにより、離婚率と出産率、この両極端な率が上がるとも言われています。弊社にも元メンバーさまより「赤ちゃんができました!」という嬉しいお知らせや、この大変な中で「無事に出産しました」というメールも生まれたての赤ちゃんの写真と一緒に届きました。

今回、一部の職種の方を除いては、ほとんどの方が多かれ少なかれ、家に籠もらなくてはならなかったと思います。人との関わりを遮断された1人暮らしのシングルの方も孤独と戦わなくてはならない辛い時間を過ごされたことと思いますが、パートナーや家庭を持っている方にも、プライベートな時間が全くないという、別の戦いがあります。今回は、家庭内での社会的距離について取り上げたいと思います。

Social Distance(ソーシャルディスタンス)は、すっかり馴染みの言葉になりました。 家から一歩出たら、今はこの一定の距離(社会的距離)を守らなければ、自身はもちろんのこと、周りの人も危険にさらされます。騒動が始まった当初は、マスクは意味がないと言われ、元々マスクの文化のないアメリカではマスクをしている人の姿はほとんど見かけませんでしたが、今ではマスク着用が当たり前になりました。マスクは自分を守るためではなく、相手を守るためと言われていますね。そしてこんな状況だからこそ、家庭内でも心のマスクが必要です。家庭内でのメンタルにおける飛沫感染も、新型コロナウイルスと同じ、もしくはそれ以上に恐ろしいと言えると思います。

人は話し合えば誰もが分かりあえるはずと思っていますが、ここで重要なのは、正直に話せばわかって貰えるはずだと考えながらも、状況を判断し、時にはグッと堪えて、あえて話さないと言う選択を取ることだと思います。自分をわかって貰うのではなく、まずは相手を理解しようとする姿勢がないと、結局お互いが、わかって貰えないという気持ちで終わってしまいます。そして、こんなに言っているのになぜわかってくれないの?と怒りが湧いてきてしまうでしょう。Shelter in Place(SIP:外出の自粛、家で過ごすこと)でただでさえストレスが溜まっているので、目を三角にして、唾を飛ばしながら、相手にひどいことを言ってしまっていないでしょうか?相手を飛沫感染させ、クラスターの発生源を作ってはいませんか?

個人的な思い出ですが、私は歌手の松田聖子さんと俳優の神田正輝さんの離婚に至った経緯を、インタビューか何かで聞いたことを今でも覚えています。普段忙しい2人が、たまたまその年の年末にお休みが重なり、じっくり話し合う機会があったそうです。そしてとことん話し合ってしまった結果、離婚に至ったとインタビューで話していたことが印象的でした。男と女の間には絶対に理解できない溝があると、まだ若かった私はショックを受けましたが、マッチメーカーになり、すっかり大人になってしまった今の私には、これが万国共通であることがよ〜くわかるのです。

結婚生活を立て直そうとマリッジカウンセリングに通ったけれども、結局離婚に至ってしまったカップルはたくさんいます。お互いを理解するためにとことん話し合ってしまった結果、歩み寄れないということが理解できてしまうとは、皮肉な結末ですね。でも、私は決してマリッジカウンセリングを否定しているわけではありません。離婚という結果になってしまったとしても、カウンセラーというフェアなレフリーのいるリング上でお互い正々堂々と戦ったわけですから、結果はどうであれ、両者が納得のできているケースが多く、その後前に進みやすいと思います。

そしてもう一つ大切なことがあります。パートナーはあなたとは結局別の人間、他人であるということを忘れてはいけないのです。寂しいことを言うなと感じてしまうかもしれませんが、例え家族であっても個々の人間なので、過去の体験も、育った環境も、心の動きも全く同じではないということを忘れてはいけません。これは血の繋がった家族にも言えることです。その上、パートナーは異性(のケースが多い)です。相手を理解する姿勢は大切ですが、あなたが他人を100%理解することは不可能ですし、相手もあなたの気持ちを100%理解はできないということを覚えておくと良いと思います。とことん話し合って白黒つけるのではなく、グレーゾーンにお互いが歩み寄ることが大切だと思います。これまでは、そのグレーゾーンは会社だったり、学校だったりと、主に外にありましたが、今は逃げ場がないのですから、居心地の良いグレーゾーンを家庭内にも広げていかなくてはなりません。

そして今、多くのカップルが、レフリーのいない場所で試合をしなくてはならない状況が増えています。話せばわかるという大きな期待を持たず、相手を追い詰めるような話し合いをしないように気をつけて過ごせば、お互いに燃え尽きることは避けられるのではと思います。

先日、私はママ友達とZoomでオンライン飲み会をしました。周りのママ友達も、やはり大きなことから小さなことまで、それぞれストレスが溜まっていました。どうしても家の中では父親よりも母親の負担が大きいように思います。例えば、あるママ友は、買い物に頻繁に行けない状況なのに、家に籠っているせいで、家族の食べる量が増え、2週間分の食糧が1週間で無くなってしまうそうです。無邪気に「お代わり!」と家族に言われると、以前は美味しく食べてくれて嬉しいと思っていた彼女ですが、今では状況が違います。入店前に並び、レジで並び、感染のリスクのある中、2時間もかけて買い物に行っているのは誰だと思っているの!とキレそうになっていたそうです。じゃあ、旦那に買い物に行って貰えばと言うと、絶対に間違った物を買ってくるし、それだけじゃなくジャンクフードまで買い込んでくるから、そこでまた喧嘩勃発。画面の中のママ友達は皆大きく頷いていました(苦笑)。ちなみに、彼女は“お代わりは1回までルール”を作ることで、問題解決したそうです。

また、他のママ友は、仕事を理由に自分だけ部屋にこもっている旦那の部屋をこっそり覗くと、昼寝をしている彼を見つけ、殺意を覚えたそう(汗)。バスルームに立て籠ったり、ヘッドフォンをつけて嫌なことは聞かない状況を作ったりして、自分のスペースを確保しているママ友もいました。

そんな中、1人のママ友から聞いた素敵な家での過ごし方をシェアしたいと思います。彼女は溜まっていた写真を、家族みんなで整理したそうです。大抵写真は楽しいイベントを撮るので、良い思い出が多く、また当時のことを振り返り、みんなで思い出を語り合いながら、楽しくゆっくり整理ができたそうです。今は生意気になった子供たちも可愛い時期があったと思い返したり、散髪にいけずボサボサ頭の旦那も、写真の中では若く素敵だったことに気づいたり、家族の絆を振り返ることができるのでオススメだよと、ほっこりするエピソードでした。

Shelter in Placeが始まってからは、私も、メンバーの皆さまとは、電話やメールはもちろんのこと、ZoomやLineなどでコミュニケーションを取っており、多くの相談や近況報告を頂きます。その中で、とても良い社会的距離を取っている方がいらっしゃいました。Shelter in Placeが良い結果となった女性会メンバーさまから届いたメールをシェアさせて頂きますね。その方からは、少しでも皆さんのお役に立てるなら、と了承をいただいております。

私は2月に無事に彼のいる州に引っ越ししました。2月下旬には彼の実家にも行ってきました。1週間彼の両親の家に泊まらせていただき、その1週間の間に彼のいとこや叔父・叔母の親戚ほぼ全員に会いました。とても素敵な親族で楽しかったです。3月から学校が始まったので、ホームステイ先から学校に通い、学校の無い週末はいつも彼と一緒でしたが、コロナの影響で外出禁止になり、学校がオンライン授業になったので、実は今ホームステイ先をキャンセルし、彼の家に2人で住んでいます。急な展開で2人とも予想していなかったのですが、一緒に住んでお互いをもっともっと知ることができていますし、とても幸せです。3月下旬の2週間、彼は仕事が休みでずっと2人で家にいました。将来どこに住むか決めたり、将来どんなふうに子育てをしてどんな家庭を築いていくか話したりもしています。5月末に私の家族に挨拶に行く予定でしたが、状況が状況ですので、まだいつ日本に行けるかどうかは分かりません。早く状況が落ち着けばいいですね。私も大橋様の健康と安全を祈っています!

もし、あなたがパートナーと有り余った時間にとことん話し合うというのなら、なるべくこのカップルのように、前向きなテーマを話し合うことをお勧めします。そして問題があったら、ポジティブな面からのアプローチで話し合うように心がけてはいかがでしょうか?パンデミックが収まって、自由に外に出ることができるようになった後でも、これはとても大切だと思います。

このコラムを仕上げるまで、私にも何度も家族の邪魔が入り、なかなか進みませんでしたが、自分の書いたことを自身にも言い聞かせ、心に余裕を持って毎日を過ごしたいと思います。今回のコラムが、少しでも皆さんが心の平穏を保つためのヒントとなれば嬉しいです。

最後に、この場を借りて、医療関係者の方々および、そのほかの業種においても前線で働いてくださっている皆さんに心より感謝申し上げます。

2020年 6月 4日更新

Zoomイベント開始します!

「Zoom」で、今流行のオンラインイベントを毎月開催する予定です。8月に初のイベントを開催したところ、大変好評をいただきました。今月は26日に開催します(こちらは既に受け付け終了)。今後も、シスター・カンパニーとコラボをしたり、同じ趣味の人たちで集まったりなど、いろいろな企画をご用意しております。通常のマッチメーキングとは異なり、お見合いのような堅苦しいイベントではなく、カジュアルに複数の会員と会話を楽しむことをメインとしています。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

「Spread Your Love! 愛を拡散させましょう!キャンペーン」実施中!

1人1人のニーズに合わせ、通常よりもお得なカスタマイズプランをご提供いたします。

日本をはじめ、東海岸、南カリフォルニア、ハワイ、香港、オーストラリア、その他の国等、多くのシスター・マッチメーカーとのネットワークを広げました。皆さまの将来のパートナーをグローバルにサーチいたします!詳細は、メールでお問い合わせを。

EMAIL: info@glowjp.com

お知らせ
「お嫁さん候補」募集中!

シリコンバレー在住の30代の高学歴・高収入男性が、現在“お嫁さん候補”を探しています。彼はglowのVIP会員のため、今回は特別に、弊社の会員の方でない女性でも無料でご紹介可能です。自薦他薦は問いません。以下の条件に合うと思われる方は、ぜひご連絡ください。

  • 20代日本人女性
  • 初婚
  • 容姿端麗
  • アメリカで生活しても問題ない
  • 英語でコミュニケーションが取れる

日々忙しく活躍している彼のために、弊社が“お嫁さん候補”探しを引き受けました。ご質問だけでも結構です。お気軽にご連絡ください。

また、弊社では、ほかにも、さまざまな年代の男性会員が結婚を視野に入れたお相手を探していますので、ぜひお問い合わせください。

女性プロフィール無料登録大募集中!

無料登録は簡単な質問に答えるだけ!まずはお気軽にお問い合わせください。

*弊社には幅広い年齢層の方が登録しています。無料登録、トライアル、学生プランを始め、一人一人のニーズにあったプランをご用意しています。ぜひウェブサイトも覗いて見てください!

マッチメーカー養成講座をスタートします

マッチメーカーの仕事に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。
こんな方が向いています。

  • 人が好きな方。
  • お節介な方、世話焼きな方。
  • 人の話を聞くこと、人と話すことが好きな方。
  • アメリカと日本の文化を理解している方。

第43回「印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」にマッチメーカーの仕事について書いておりますので、よろしければ覗いてみてください。

Columnist's Profile

International MatchmakerMiyoko Ohashi(glow biz inc)

アメリカ在住20年以上、国際マッチメーカー歴10年+の経験を持つ。1組でも多くのハッピーカップルを作るため、日夜奮闘努力中!良いご縁をご提供できるよう、皆様の婚活を誠心誠意サポートいたします。独身の方は、どんな方をお探しか、ぜひお気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES