General Manager / Matchmaker
Shiho Tsukushi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2014年 4月 29日更新

第26回 : 国際恋愛の常識・非常識

すっかり春爛漫の今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は 「国際恋愛の常識・非常識」 についてお届けして参ります。

国際恋愛に常識も非常識もないじゃない… とお思いでしょうか?
いえいえ、それがあるのです。 例えば、日本以外の国では当たり前とされているおつきあいのやり方が、日本人同士のカップルでは全くと言っていいほどなかったり。 あるいは日本人同士では当たり前のことでも、他の国のカップルでは (ここではアメリカについて書きますが) 当たり前じゃなかったりします。

ではいったい、どんなことがあるのでしょう。 早速見ていきましょう。

1. 公式の場や友達との会合問わず、カップルは一緒に行動する

大統領から高校生まで、カップルは常にソーシャルな場に一緒に出席します。 片方が行かなければ 「どうしたの?」 と聞かれることも多々あります。 アメリカでよくある芸能誌でも、一緒にレッドカーペットに現れたかどうかを仲の良さのバロメーターにしているところもありますね。 また休暇を一緒にとることはもちろん、お互いの友達同士との会合にも、カップル同伴はちっとも変なことではありません。 また友達のほうも、奥さんや恋人を連れて来たからと言ってそんなにいやがることはないですね。

2. 紹介するタイミング

そんな公式の場 (であったり、友達との会合であったり) に出たとき。 さあ、向こうから知り合いが歩いて来ます。 挨拶をして、その後少しスモールトーク (世間話) をするでしょう。 そして、いつパートナーを紹介するか? これも日本とは少し違っています。 相手もスモールトークをしている時には、話している相手の目を見ていますが、一区切りついたら (この一区切りが、比較的早い!)、すぐに連れの方に目をやります。 この際に体中から 「で、こちらは? 早く紹介して欲しい」 というオーラが出ています (笑) ! ほんとですよ! とても楽しみにしているというオーラです。 そしてそれを受けて 「お会いしたことはなかったですか。 これは私の恋人 (妻) で、名前は…」 というようになるわけです。

この紹介のタイミングは、日本であれば、例えば居酒屋に彼が彼女を連れて行き、まずスモールトークを交わすまでは同じと思うのですが、日本ではこのスモールトークが長い!! その間彼女は、彼の陰に隠れがちで、何となくにこやかにしていないといけなかったりします。 スモールトークが長くない時には 「お! 彼女か! おまえもやるな~」 等という冗談 (照れ隠しもあるのですが) が入るので、そこでも苦笑いをするという感じになると思います。 とは言え、もちろん、これはよくあるケースを書いたまでで、いつもそういう訳ではないと思いますが…。

しかしこのスモールトークが長い件、そして紹介されないまま話の本題に行ってしまうことも、たまーに日本であると思いませんか。 これはアメリカでは絶対にないですね。 あるとしたら、相当嫌な男性 (あるいは女性) でマナーが出来ていないと思われます。

3. めったなことでは “愛している” と言わない

やたらめったら “愛している” と言う男性や女性は、なにかおかしい… と思われるぐらい “愛している” は重く扱われます。 だから言うタイミングを付き合い始めのカップルは大変迷います。 ただし 「あなたが好き」 「一緒にいたい」 等は好意の表現として沢山表すでしょう。

4. 誕生日、バレンタイン、クリスマスプレゼントの中身は?

最初の頃はネックレスやブレスレットなど、装飾品をあげたりするカップルも、年季が入ってきたら、欲しがっていたアイロンや掃除機をあげようかな、と思うこともありますよね、日本人なら…。 しかしそれはお相手がアメリカ人の場合、しないほうがいいです! 愛が冷めたと思われてしまいます。 またキッチン用品や掃除用品などでは 「もっと家のことをしろ」 と言わんばかりに聞こえます。 たとえ奥様が欲しかったとしても、それは別会計です。 記念日、誕生日、バレンタイン、クリスマスにはロマンチックなプレゼントをあげないといけません。 愛が冷めたと思われます。 しかし映画 『ラブ・アクチュアリー』 にもありましたが、職場の女の子にロマンチックなプレゼントをした場合は、100%浮気だと思われますので、男性はご注意を!

5. 他の異性を手放しで褒める

これは禁止です。 傷つきます。 男性も女性も、特におつきあいがまだ浅い頃に他の人、たとえそれが有名人でも、手放しで褒めたら絶対と言っていいほど相手はむくれてしまいます。 冗談でさらっと言うならば、まぁアリかもしれませんが、この恋愛をうまくいかせたいと思っているならば、思っていても口には出さない方がいいと思います! また男性方! 一度口に出してしまったら、相手はそれをズーーッと忘れませんよ。 ことあるごとにそれが出てくるでしょう。 ですから “言わぬが花” です。

6. 同窓会への出席

同窓会で元彼や元彼女と再会… ありそうです。 はい、これもパートナー同伴で出席することが本当によくあります。 浮気を疑うということだけではなく、相手の知らない過去をできるだけ知りたい、相手への理解を深めたい、という気持ちももちろんあるようです。 一緒に出席すれば、楽しいエピソードも同級生から聞けたりしますし、いいですよね。 ですから同窓会にお相手を連れて来ても、上にも書きましたが、全くいやがられることはありません。

7. 挨拶やご近所など

地域にもよりますが、アメリカは大抵フレンドリー。 よく会う街の人々とは自然に挨拶を交わします。 (個人的には東よりは西の方がフレンドリーと私は感じます)。 ご近所のおばあさんの洗濯物を一緒に運んであげたり、郵便受けの所でご挨拶を交わしてそのまま世間話など、日本でもゆったりしたところではありがちなことが、アメリカでは普通に行われています。

カップルになったら、ご近所の方のパーティやまた様々なイベントにご招待されたり、チャリティーのご案内を受けたりすることが多くなったりします。 ご近所をよく知っておくことはいいことですし、何かあった時には助かりますよね。 小さいお子さんがいる方は、ベビーシッターをご近所の学生に頼んだりなどもありますし、また郊外にお住まいの方は、皆で同じ車に乗り合わせるカープールという制度を近所同士で利用していたりと、なかなか合理的かつフレンドリーなおつきあいです。 皆、出来ないことはイエスと言わないので、こちらも聞くだけ聞いてみることが出来ますから、気を遣うこともありません。 “ノー” と断っても相手は傷つきもしないですので、あっさりしていることが多いですね。

8. 仕事

仕事場にカップルの相手から電話があること… これは変なことではありません。 仕事場にも寄りますが、内線を持っている方であれば、一日に何回も相手からかかってくることもあります。 日本ではありえないですよね。 奥さまが旦那さまに 「帰りに何々買ってきて!」 ということもあったり。 また子供のことで、仕事場に電話があったり。 家族に何かあった時には、周りも 「一刻も早く仕事なんかしてないで帰れ」 というムードになります。 これは病気の時も同じですが、仕事をしていても治らないですし、相手への思いやりから 「早く帰って。 困った時はお互い様」 という気持ちもありますし。 また風邪などの場合は 「移さないで~!」 という気持ちも勿論あるようですが… (笑)。

いかがだったでしょうか。
今回は、国際恋愛の常識についてお伝えしました。

また来月もお会いしましょう! 皆様に、この春もいいことがありますように!

2014年 4月 29日更新

お知らせ
ホリデーキャンペーン実施中!

glowマッチメーカーからステキな出会いをプレゼント☆

・フリートライアル 先着10名様
・メンバーシップ 50%OFF
・無料プロフィール登録

この機会をお見逃しなく!

詳細は「まちかどホットリスト」をご覧ください。
https://sanfrancisco.vivinavi.com/cf/desc/_wid_1a8fe3a7b25b640371cec10f942e1c9e00ba703a

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

General Manager / MatchmakerShiho Tsukushi(glow biz inc)

国際マッチメーカーとして6年以上の経験を持つ。心からみなさまの喜び(幸せ)を作る、より優れたハッピー・メーカーになるため日夜粉砕努力中。今まで、沢山のカップルを作ってきましたが、中には有名人の方々も。どんな方を捜しているか、独身の方、お気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES