International Matchmaker
Miyoko Ohashi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第58回 : 
ITオタク男子はスルメイカ!?

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~
第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化
第58回 : 
ITオタク男子はスルメイカ!?

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2012年 2月 21日更新

第3回 : どんな人が国際結婚に向いているか

皆様こんにちは。 このコラムも第三回を迎えました!
目を通していただいている皆様、本当にありがとうございます。

さて、今回は、「国際結婚に向く方、向かない方」についてお届けしたいと思います。

私たちは、国際結婚、あるいは、日本人同士のご結婚でも、海外にて暮らす方のマッチメイキングをさせていただいている関係上、女性のお客様で、西洋の方と結婚したいと思っている皆様ともお話をする機会がたくさんあります。

そんな中で、
「ああ、この方はきっと海外でも大丈夫だろうな」

というお客様もいる反面、
「この方はもしかして、日本国内の出会いの方がいいのではないかな?」

と思うお客様ともお会いすることが多いのです。

しかし、お客様にお伺いすると、
「私は海外の人の方がいいのです。日本人とは合わないと思う」

とおっしゃる方が大変多かったりします。

国際結婚に向いている方(結婚する場所は日本に限らない。
お相手もどんな方でも大丈夫)の特徴をあげてみましょう。

  • タフである
  • 前向きである
  • くよくよしないタイプである
  • 結婚相手が家にいないときでも、自分で楽しめる趣味等を持っている
  • その国の言語について、特に問題はない(あるいは、あっても、克服することに対して前向きである)
  • フレキシブルである

ということがあげられます。

これは、海外に長く住む方であれば、皆さん持っている要素と思います。 そうでなければ、多分、10年以上住む事は出来ないでしょう。 勿論、短期間なら大丈夫と思いますが、ある一定の長い期間以上となると、どうしてもタフさが必要になります。 タフで、明るく、強い方。 強いと言うのは、おしゃべりであったり、自己主張が強かったり、コミュニケーションスタイルにおいて、押し出しが強いと言う事ではありません。 ソフトにお話しされる、ひかえめで、女性らしさあふれる方でも、上にあげたタフさをお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。

では逆に、日本国内でのご結婚の方が向いているのでは、と思われる方の特徴をあげてみます。

  • 気配りが細やかである
  • 誰かに守ってもらいたい、と思うタイプ
  • 専業主婦になりたい
  • 一人が寂しいと思う
  • 英語、あるいは他の言語、またはその国の習慣を全く知らない
  • ひとつのことにこだわるタイプ(フレキシブルと言うよりは、ひとつの事をずっと続けていたい。変わりたくないと考える)
  • ご両親とは離れて住むのが難しい

いかがでしょうか。
勿論、どちらがいいと言うことではないのです。 その方がどういう性格であるか、また、どう生きていきたいかによって、婚活スタイルやターゲットも変わってきます。

日本以外の結婚、特にアメリカですと、アメリカ人男性のご両親も共働きだったご家庭で育った方が多いですし、女性が結婚してからも、育児をして仕事を続けることに対して全く問題がない方が多いものです。 ですので、育児も家事も出来るだけ手伝うと言う姿勢の男性が多いのです。 彼のお父様も、きっとそうやって生きて来た訳ですので。 イコールパートナーシップと言う事ですね。 ということは、パートナーが、今例えば、急にレイオフ等で仕事を失っても、妻が働いて暫くの間は家族を養う、と言うこともあり得る訳ですし、夫だけが働かなくてはいけないという図式が全くありません。

ですので、女性は家にいて・・・という考え方でいると、その男性が同じ考えを持っていない限り(とっても数は少ないです)国際結婚をされても、女性は将来的に大変辛い思いをされると思います。

そして気配りが細やかであることを、相手にも同じように求めるのも、国際結婚には難しいかもしれません。 というのも、アメリカや、海外にお住まいになったことがある皆様にはお分かりかと思いますが、海外では、物事がスムーズに運ぶ方が少ないもの。 時間や、イライラするやり取りを経て、いろいろな事が進むものなので、日本と同じように、丁寧な応対で全てがきっちり運ぶ訳ではありません。 自分が思うように物事が進まないと、イライラしてしまう、あるいは、落ち込んでしまうタイプの方ですと、大変にストレスがたまります。

ストレスがたまると、せっかく仲が良いカップルでも、喧嘩が多くなりがちですし、最初は不慣れと思っていろいろカバーしてくれていた夫も、だんだんイライラが募りがちになってきたりして、悪循環になってしまいます。

また、共働きであるからには、一人になる時間もあったりします。 そんな時、パートナーがいないからといって、暇を持て余しているようでは、彼にも少し、重荷だと思いませんか。

国際結婚に向く方は、一人でもハッピーでいられて、お相手に依存しすぎない方。 住む場所はどこであれ、タフに生きていける方。

国際結婚に向かない、国内でのご結婚の方が良いのでは、と思われる人は、 「男性は働いて、女性は家にいる」 と言う考え方がいいなと思ってらっしゃる方で、海外に住む事に対して少し抵抗がある方、と言えるでしょう。

では、次は外見的な事を少し。
もしも、西洋の男性に好かれたいなら、保守的すぎないこと。

日本女性は、スレンダーで、女性らしさにあふれています。 元々、そのように振る舞うよう、両親や社会、周りから言われて育っていますので、アメリカ人女性に比べて、ニコニコと笑顔も浮かべる事も出来ますし、相手の気持ちを慮って発言する事も出来ます。

そして、日本では時々見かけますが、「モデルさん立ち」をする方も多いですね。 アナウンサーや、コンパニオンの方もそうですが、手を体の前で軽く組み合わせ、足を斜めにして立つ、あの立ち方です。

「大変上品でいいですね」

と、アメリカ人男性でもおっしゃる方が多いです。

しかし、上品すぎても、人生のパートナーとしては心配です。
本当に彼女、大丈夫なのかな?
と思われたりもします。

勿論、お金持ちで上流階級の生まれも育ちも良い方であれば話は別ですが、世の中実際には、そういう方は一握り。 普通の男性、女性の方が多いものです。 その場合、あまりにも classy(上品) であると、結婚相手としてはリアリティがわかない場合もあります。

多少、チャーミングさを演出した方が、西洋の方には受けます。(ただし、お相手が日本人の場合はまた話が違いますが・・・)

襟元まで隠して、ばっちり全てのボタンを止めたシャツを着て、バーバリーの膝までのタイトスカートを履いて、タイツを履いて、まるで女子校の先生のような格好でデートに行った女性が過去にいらっしゃいましたが、男性からは 「あの女性はもしかして、カトリックの女性ですか?」 と聞かれた事がありました。

勿論、派手派手な格好をした方がいいと言ってる訳ではないのです。 ただ、日本人の私たちは、どうしても保守的になりがちです。 そういう風に育っていますので。 少しだけ、もう少し華やかにしてみようかな? ぐらいのイメージでデートに行った方が、西洋の方には受ける、と言う事です。

格好だけではなく、言動や、表情や、態度もしかり、です。

いかがでしょうか。
国際結婚を考える方、向いてるかな? とお考えの方々へ、今回のコラムが少しでも参考になっていたら幸いなのですが!

どの国の方とおつきあいすることになったとしても。
皆様がすてきな方に巡り会えるよう、心からお祈りしております。

2012年 2月 21日更新

お知らせ
女性プロフィール無料登録大募集中!

無料登録は簡単な質問に答えるだけ! まずはお気軽にお問い合わせください。

*弊社には幅広い年齢層の方が登録しています。無料登録、トライアル、学生プランを始め、一人一人のニーズにあったプランをご用意しています。ぜひウェブサイトも覗いて見てください!

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

International MatchmakerMiyoko Ohashi(glow biz inc)

アメリカ在住20年以上、国際マッチメーカー歴10年+の経験を持つ。1組でも多くのハッピーカップルを作るため、日夜奮闘努力中!良いご縁をご提供できるよう、皆様の婚活を誠心誠意サポートいたします。独身の方は、どんな方をお探しか、ぜひお気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES