International Matchmaker
Miyoko Ohashi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~
第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2015年11月 25日更新

第45回 : サンクスギビングディナー

皆さまこんにちは!さて、いよいよThanksgivingも迫ってきたので、今回はアメリカでは一大イベントである、Thanksgivingに彼の家のディナーに招待された時の心構えを少しお届けしたいと思います。

日本の感覚では、彼のご両親に初めて紹介される場合、かなりの緊張が伴いますよね。でも、こちらのサンクスギビングは、大勢でワイワイ食事をするため、それほど緊張しなくても大丈夫なのです。逆に、彼の家族に紹介されたからといって、彼が貴女と将来を考えていると期待をしすぎないということも心に留めておいてください。というのも、まだデートの段階であっても、お相手を家に連れて来る人もいますし、毎年違うパートナーを連れて来る人もいるからです。大学生の姪っ子や甥っ子も、気軽にボーイフレンドやガールフレンドを連れてくることがあります。

ただし、彼の実家が他州にあり、実家まで飛行機でわざわざ会いに行き、サンクスギビングを彼の実家で滞在するとなると、これは話が別となってきます。彼はきっと、貴女との将来を意識しているはずですので、ここはひとつ、彼の家族に良い印象を残したい所です。

アメリカ人の「家に入ってくる息子の妻(日本で言うところの嫁)」や「息子のガールフレンド」に対するスタンダードは、比較的そんなに高くないので(もちろんこれは、個人または家庭にもよりますが)、滞在期間中、日本人の常識内で接していれば、彼の家族に気に入ってもらえるはずです。日本であればヘトヘトになるほど気を遣わなくては、良い評価を得られないですが、こちらではちょっと気を利かせてお手伝いするだけで、さすが日本人女性ね~となることが多いからです(笑)。

後は積極的に会話に参加することをお勧めします。一人でぽつんとつまらなそうにしていると、彼も久しぶりに会う家族や親戚との会話を楽しめなくなりますし、自立できていないハイメンテナンスな女性の印象を与えてしまいますので、気をつけてましょう。何を話せば良いのか判らない場合、幸い目の前には色々な料理が並んでいるので、レシピをきいてみてはどうでしょう。また彼の子供の頃の話を聞かせてもらったり、写真を見せてもらうのも良いのでは。

勝手に気を遣いすぎて疲れ果てて、彼の実家恐怖症になってしまっては、元も子もありません。家族の人に貴女が滞在を楽しんでいる、ご家族に会えて嬉しいということを伝えられるかどうかが一番大切だと思います。

そのほかに、これはやっておいたほうがいい!ということをいくつかお伝えしておきましょう。

招待には早めに出席(欠席)を知らせること

まずは一番大事なことですね。日本でもそうですが、誰かに招待された場合「参加します」という意思表示は、なるべく早く行いましょう。そうすれば、お相手の家族も、食事は大抵手作りですので(そうではない家もありますが)、人数は早めに知りたいところですから。

彼に協力をお願いする

それから、彼に先に協力を求めておくことも大事です。彼は自分の実家に帰るのですから、少し気が抜けて、普段より気が回らないこともあるかもしれません。ですので、そこで英語がネイティブではなく、初めての人々に会うあなたが何日かを彼の家で過ごすために、少し協力をあらかじめお願いしておくといいでしょう。たとえば、あなたがベジタリアンであったり、何か食べ物にアレルギーがあったり、また、宗教上の理由で食べられないものなども、とても大事な情報ですから、あらかじめ彼から伝えてもらったらいいですよね(無理することはないので、お相手の家族もわかってくれる人々がほとんどですから、伝えていいと思います)。

気を回しすぎない。でも聞くことは聞く

アメリカでも、南部の知人に聞いたことですが、「(お手伝いなど)3回は聞きなさい」と言われて育ったそうです。つまり、アメリカ人でも結構シャイな方もいるため、もし誰かに必要ないと言われても、3回は聞いてみましょう、そして3回いらないと言われたら、それを受け入れてもう忘れましょう、と子供の頃から心がけているのだとか。

日本でもありがちなことですが、例えば何度か、手伝いましょうか?と言われ、3回目に「そう、じゃあ手伝って」となることもあるので、3回はまあ多いとしても、2回ぐらい尋ねてみるのはいいと思います。念のため「手伝いましょうか?」と言ってみて「ありがとう。大丈夫よ」と言われても、様子を見て、もう一度聞いてみてもいいかも、ということです。

また、彼の家に行くときに、手土産を持って行ったほうがいいかどうかは悩むところですが、彼に聞いても、だいたい「いや、いらないでしょう」などと言われることがほとんどです。しかし、実際にもし、彼のお母様やご家族と、先に連絡を取ることがあるならば、(電話やスカイプなどで紹介されていたとして)ワインなど持って行きましょうか?とオファーすることは、大変いいことですから、聞いてみてもいいと思います。「ありがとう。でもいいのよ。来るだけで嬉しいわ」と言われると思いますが「本当?1本や2本持っていくのは苦じゃないので、本当に気軽におっしゃって」ぐらいの感じで、もう一度聞くのは、礼儀としてありです。

ギフトで持っていくもの

前出のワインもいいですが、他に、例えば近場の場合でしたら、ちょっとした食べ物や、あるいはお花など、持っていくにはいいかもしれません。特にお花は、いつも喜ばれるギフトです。でも、気をつけなくてはいけないのは、花束はちょっとやめたほうがいいこと。すでに籠や花瓶に入ったお花を持っていくほうがいいでしょう。「わざわざ、ありがとう」と受け取って、水を切って、花瓶にいけないといけない手間を、サンクスギビングディナーやその他の準備で忙しい主婦に、かけさせてはいけないからです。

時間に遅れない

日本人としては当たり前のことですが、念のため。もしも渋滞などで遅くなる場合には、必ずお相手に連絡を!お相手は温かい食事をあなたに出してくれようとしているわけですから、冷たくなった食事を出さないといけないような状況になりそうなら、早く知らせたほうがいいですよね?これは通常の日本人としての常識で考えれば、大丈夫です。

ターキーを食べると眠くなる!?カウチでの居眠りに注意

そんなことありえない、と思いますか?ところが本当にあるのですって。ターキーを食べると眠くなる、という科学的根拠もあるそう。まあそれは置いておいて、おなかいっぱい食べて、みんなで語らって、あら、ワインも効いて眠くなってきた…って、カウチでうとうとして、気がついたら他のゲストももういなかった…!なんてことにならないように気をつけてください。まあ、そのお宅で一泊するのであれば、おうちによっては、うとうとぐらいはオッケーの範疇ですが、それをするならば、お片づけをちゃんと手伝った後にしてくださいね。

服装について

できればきちんとした格好で行ってください。完全ドレスアップの必要もありませんが、少しだけきちんとしているといいでしょう。お相手の家族をリスペクトしているように見えますから。彼がいくら、「いや、うちは本当にスーパーカジュアルだから!」といわれても、そこはあなたが気を回して、少し気遣いのある服装で。ただここでは、あなたがどれだけオシャレかを見せる場所ではないので、そこだけ注意を。例えば、いくらあなたがスタイル抜群でも、そしていくらあなたがそのドレスが自分に似合う、と思っても、体にぴったりした赤いドレスなどはあまりふさわしくないでしょう。<>

後片付けは率先して手伝いましょう

彼のご家族が「さあさあ、もういいから、2人でどこかに行ってなさい!」などと言って、キッチンからあなたや彼を無理に追い出すことをしたりする以外は(そういうお母様もたまにいらっしゃいます、本当に)後片付けやお手伝いをできるだけしてください。例えばお皿を片付けたり洗ったり、コーヒーの準備をしたり、など。外に出るときには、もしもゴミ袋がいっぱいになっていて、もう外へ出すだけになっていれば、持って行きましょうか?とオファーをさりげなくすると良いですね。

会話について

このようなファミリーイベントにお呼ばれしたときに覚えておいたほうがいいことが2つあります。

議論になる話題を避けること。あなたの彼の家族が、ディベートや政治的な議論をすることが通常と思う家族であれば、話は別ですが。そして、常に、相手が何となく居心地が悪いと思うトピックは避けて話しましょう。

会話には積極的に参加し、会話にエンゲージする(集中する)こと。もし誰かが、あなたに質問をしてきたら、きちんと答えることが大事です。何が一番嫌がられるかというと、日本でよくありがちな、ずっと黙ってテーブルについていることです。アメリカ人の家庭では、「つまらないなら、来なくていいのに」と思われてしまいます。

上にも書きましたが、念のためもう一度!

せっかくお呼ばれしたのですから、積極的にコミュニケーションを取ってください。

最後に、お礼を

さて、お暇をする時がやってきたなら、必ず食事を作ってくれたこと、呼んでくださったことに対してきちんと感謝を述べましょう。そしてできれば、後ほどサンキューノートと言われるような、カードやお手紙を送ってもいいかもしれません。もちろんメールでもいいでしょう。アメリカ人はこういうことをとても大事にします。カード会社やオンラインのカードの種類を見るだけで、いかに、きちんと感謝を述べたりすることが大事と思っているかわかりますよね。

どんなご家族でも彼らの習慣や特別な伝統、ルールなどがあるものです。あらかじめ彼に聞いておくといいでしょう。

楽しいサンクスギビングを過ごされますように!

2015年11月 25日更新

お知らせ
女性プロフィール無料登録大募集中!

無料登録は簡単な質問に答えるだけ! まずはお気軽にお問い合わせください。

*弊社には幅広い年齢層の方が登録しています。無料登録、トライアル、学生プランを始め、一人一人のニーズにあったプランをご用意しています。ぜひウェブサイトも覗いて見てください!

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

International MatchmakerMiyoko Ohashi(glow biz inc)

アメリカ在住20年以上、国際マッチメーカー歴10年+の経験を持つ。1組でも多くのハッピーカップルを作るため、日夜奮闘努力中!良いご縁をご提供できるよう、皆様の婚活を誠心誠意サポートいたします。独身の方は、どんな方をお探しか、ぜひお気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES