General Manager / Matchmaker
Shiho Tsukushi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2013年 5月 6日更新

第15回 : 男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」

こんにちは! 春爛漫ですね。皆様はいかがお過ごしでしょうか。 弊社では、嬉しいお知らせが幾つか続き、私たちマッチメーカー及び社内でも、喜びひとしおです! 特にカップルを受け持ったマッチメーカーは、本当にこの時、この瞬間こそが、この仕事の醍醐味なのだ、と言います。 本当にそうなのですよね。 カップルが誕生した後、ご両親にご挨拶に行かれたり、あるいはお互いの国を訪ねあったり、順調に行っていることがわかると、本当に嬉しいものなのです。 どうか、もっとより沢山のカップルが誕生しますように…!! と、私たちは日々、祈っております。

さて、そんな私たち国際結婚マッチメーカーのコラムも15回目となりました。
今回は 「男女メール頻度の違い : なぜ彼はメールをくれないの?」 をお届けしたいと思います。

おつきあいが始まり、カップルとなった2人は、もう昔のコンピューターが無い頃には考えられないぐらい、遠距離でも、どんどん連絡を取ることが出来ますよね。 どんなに遠い所や時差がある所に住んでいても、メールやチャットですぐに連絡が取れあう現代は、とても便利でいいのですが、すぐにメールの返事がないと、不安になったりすることもありますよね。 特に女性はその傾向が強いようです。

しかし男女では会話の仕方も、考え方も違うもの。 よく気になるお相手から、最近メールが来なくなった、気持ちが冷めたのでは?と、ご不安に思われる皆様から相談を受けることがあります。 でも実はそうとは限らないのです。 男性には、男性の考え方があるので、それを理解しておけば、やきもきしないですむと思いますよ。

例えば、女性はメールをまめにちょこちょこ送り、コミュニケーションのひとつとして取り入れる方が多いようです。 どうでもいいことでも、すぐにメールを送ったりします。 たとえ、後でその相手に会うことがわかっていても、今送りたい! と思ったら、迷い無くささっと送ってしまう傾向が強いようです。 楽しいですよね、そんな感じでメールを送り、相手もそれをエンジョイしてくれたら。 ただ、男性のメールの使い方は… そんな感じではないようなのです。

男性はメールをするときは 「何か言いたいことがあるとき、あるいは質問を返すとき」 など “意思を伝えるツール” と考えるのだそうです。 会うほどでもないし、電話するほどでもない、でもちょっとしたことを相手に伝えたい。 そんな時に役立つのがメールと考えている方が殆どだそうです。 つまり男性はメールでは女性のようにちょこちょこと会話しないし、コミュニケーションツールとは思っていないのです。 男女では大分差がありますね。

付き合い初めは、好きな人とのやり取りだから、無理して返信していても、付き合いが長くなってくると、だんだんメールの返事が減ってきたりします。 でもそれは決して気持ちが覚めたから、と言うことではない場合が多いのです。 つまり情報を伝えるだけのツールと思っている男性が、女性に気を遣って返信していただけなのです。 男性はもともと、メールする必要性 (用事、用件など) を感じないとメールしないのです。

もしも女性が、まだそれほど親しくない男性にメールを送る場合は、なるべく文章も短めにして、相手が返信しやすいように心がけることを弊社でも勧めています。 返信がしづらいコミュニケーションの手段としてのメールばかりを親しくない男性に送っていては、相手は冷めてしまいます。 なるべく相手が返事をしやすいメールを送るようにするといいと思います。

もちろん、おつきあいが始まると、メールの回数もラブラブなうちは増えていきます。 男性は女性のことを知りたいと思いますし、いつも連絡を取っていたいと思うものだからです。 しかし、ある程度おつきあいが落ち着いて来たら、メールの回数や電話の回数が減って来たりします。 それはどうしてなんでしょう?

弊社の男性会員のSさんは、こんな風におっしゃっていたことがあります。 「付き合いが長くなって、愛情が確認できたら、もう電話やメールはそれほど必要ないだろうと男性は思うんだよ」 と。 似たご意見は、よく私たちも聞くことがありました。 つまり愛情に安心した段階で、男性としてはお相手への電話やメールの回数が減るのです。

他にもこんな理由があるのだそうです。 男性の心理では、女性と違って複数のことを同時に出来ないので、ひとつのことが落ち着いたら、他のことにスイッチが移るのだそうです。 例えば仕事や趣味など、その男性が集中したい事柄に移って行きます。 女性は仕事中でも好きな人のことを考えることができますよね。 しかし男性心理では、仕事中は仕事のことしか考えられないのだそうです。 ですから、今つきあっているお相手との愛情が確信できた、あるいはもう強い関係を築けている、とわかると徐々に恋愛から仕事や趣味などへ移行していく傾向があり ます。 そのため電話やメールの回数が減っていくのだそうです。

よく、彼から連絡が無いので心配… と、どんどんメールを送ってしまう女性がいますが、これは逆効果と言えるでしょう。 おつきあいが発展してからのメールの回数が減ったからと言って、愛が冷めたわけではないことを、理解してあげて下さいね。

またメールも、返事がしやすく楽しいメールを心がけるようにするといいようです。

例えば、「今日は会社で、嫌なことがあって、疲れちゃった。あーあ、もう辞めたいな。」 というメールをもらっても、確かに愚痴りたい気持ちはわかるのですが、男性の方も仕事で嫌なことがあったかもしれないので、まだ親しくもないうちには、愚痴だけメール、というのはあまりお勧めできないですね。 というのも、返信の際は 「なぐさめ」 を書かなければいけない。 かといっていい加減なことも書けないし、相談に乗るとなればちゃんと乗りたいし、うーん… それに、辞めたら?と返信したら、“じゃあすぐに結婚して”と言われるかも。 まだ準備ができてないし、ううむ。 と思ってしまって悩んでしまう男性も多いらしいです。 でも女性の方はと言うと、ちょっと伝えてみただけで、あまり深い意味は無く、言ってることが多いのですけれどね! (これは女性なら皆さんお分かりでしょう)

それから余談ですが、日本人同士なら、「頑張って」 のメールは、嬉しかったりするものですが、海外在住が長い日本人の方へ送るメールなら、「頑張って」 は、違和感がありますので注意が必要です。 米国の文化では、「good luck!」 が、多分日本語の 「頑張って」 のニュアンスに一番近いと思うのですが、あまりに 「頑張って、頑張って」 というと、プレッシャーをかけられていると思うようになります。 日本では、「自分に無理をして、頑張る」 ことが美徳ですが、米国では、「あまり働きすぎて体を壊すことはない。 趣味や家族に時間を使うべき」 という感覚もありますので、仕事や趣味に 「頑張れ」 を押し付ける形になると、不愉快に思う人もあるようです。 ちょっと注意が必要ですね。

このように、男性と女性、また違う国では、メールや連絡方法などに対する考え方が違うと言うことがわかっていただけましたでしょうか。 返事がすぐ来なくても、悲しまないでくださいね。

2013年 5月 6日更新

お知らせ
ホリデーキャンペーン実施中!

glowマッチメーカーからステキな出会いをプレゼント☆

・フリートライアル 先着10名様
・メンバーシップ 50%OFF
・無料プロフィール登録

この機会をお見逃しなく!

詳細は「まちかどホットリスト」をご覧ください。
https://sanfrancisco.vivinavi.com/cf/desc/_wid_1a8fe3a7b25b640371cec10f942e1c9e00ba703a

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

General Manager / MatchmakerShiho Tsukushi(glow biz inc)

国際マッチメーカーとして6年以上の経験を持つ。心からみなさまの喜び(幸せ)を作る、より優れたハッピー・メーカーになるため日夜粉砕努力中。今まで、沢山のカップルを作ってきましたが、中には有名人の方々も。どんな方を捜しているか、独身の方、お気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES