International Matchmaker
Miyoko Ohashi glow biz inc TEL: 415-249-0940
info@glowjp.com

最新コラム

第59回 : 
お勧めバツ組男子の見抜き方

バックナンバー

第1回 : 
初めまして! SFの結婚相談所 「glow」 です
第2回 : 
オンラインデーティングとマッチメイキングの違い
第3回 : 
どんな人が国際結婚に向いているか
第4回 : 
結婚しやすい人、しにくい人
第5回 : 
アメリカ人に好かれるタイプ、日本人に好かれるタイプ
第6回 : 
なぜ私はずっとシングルなの? とお悩みの方へ。
第7回 : 
日本人男性はモテます!
第8回 : 
初めてのデートで印象づける方法
第9回 : 
必ず会話が弾む話術
第10回 : 
おつきあいを結婚に発展させよう
第11回 : 
誤解されている文化の違い その1
第12回 : 
誤解されている文化の違い その2
第13回 : 
日本人妻を持つ外国人夫の悩み
第14回 : 
「好きなタイプ」と「好かれるタイプ」は違う?
第15回 : 
男女メール頻度の違い 「なぜ彼はメールをくれないの?」
第16回 : 
日本人女性のこんなところが苦手
第17回 : 
他人に厳しい日本人 ~ フィードバック ~
第18回 : 
遠距離と近距離恋愛
第19回 : 
国際恋愛 : 社交辞令はどこまで?
第20回 : 
パーソナル・ブランディング
第21回 : 
お相手のご家族と過ごすホリデーシーズン
第22回 : 
モテたい男性の皆様へ : レディファーストの勧め
第23回 : 
オンラインでのお相手探しと、そのお作法
第24回 : 
婚期を逃した男性
第25回 : 
婚活疲れになったら
第26回 : 
国際恋愛の常識・非常識
第27回 : 
シルバー世代の出会いと結婚
第28回 : 
しつこい恋人にならない方法
第29回 : 
国際結婚式用語としきたり
第30回 : 
出会いがあれば、別れもあります
第31回 : 
日米再婚事情
第32回 : 
Long and Lasting Relationship
第33回 : 
アメリカで妊娠と出産-その違い
第34回 : 
一年のまとめをする
第35回 : 
オープンになること
第36回 : 
日米気持ちのすれ違い
第37回 : 
リレーションシップの決まり文句
第38回 : 
アメリカ人と日本人 : 結婚生活意識の違い
第39回 : 
お子様を希望される方へ
第40回 : 
入会をお断りする方々のケース
第41回 : 
次回デートに誘われる!?魔法の言葉
第42回 : 
婚活に写真を使う良い点と悪い点
第43回 : 
印象を第三者から聞く・伝える/スペシャルQ&A 「マッチメーカーになりたい方のためのFAQ」
第44回 : 
デートで嫌われる行動
第45回 : 
サンクスギビングディナー
第46回 : 
オンラインデーティング "Do and Don'ts"
第47回 : 
日本人の思う"キレイ"と外国人の思う"キレイ"
第48回 : 
国際結婚―決め手となる要因
第49回 : 
こんな結婚相談所には気をつけよう!
第50回 : 
子連れ婚!同性婚!養子縁組!アメリカの家族~幸せの形はいろいろ
第51回 : 
グローバルな男性は自立した女性がお好き
第52回 : 
2017婚活大作戦 前編
第53回 : 
2017婚活大作戦 後編
第54回 : 
春です!断(男)捨離しましょう!
第55回 : 
人生、前が見えなくなったら…
第56回 : 
本当にあった怖い話 ~30代女性の婚活~
第57回 : 
“3高イケメン男子”の傾向と進化
第58回 : 
ITオタク男子はスルメイカ!?
第59回 : 
お勧めバツ組男子の見抜き方

SF国際マッチメーカー便り

サンフランシスコにオフィスを持つ、国際結婚相談所、「glow」 のマッチメーカーがお届けする、国際結婚、婚活情報、エピソードやアドバイス。

2018年11月 22日更新

第59回 : お勧めバツ組男子の見抜き方

今年も、気がつくともう11月です。毎年この時期同じセリフを口にしていますが、今年も一年早かったですね(まだ終わっていませんが、もう覚悟はできています)。先月のハロウィンから、サンクスギビング、クリスマス、ニューイヤーと、アメリカはイベントラッシュです。サンクスギビングとクリスマスは、親戚も集まる家族イベントであり、さらに日本のお盆やゴールデンウィークに当たる大陸移動シーズンです。せっかくのまとまった連休ですが、この時期のアメリカ国内と、アメリカ人が流れやすい隣国への旅費は通常より高い上、多くの店が閉まっていて不便で、旅行にはあまり適しているとは言えません。また、家庭がある人はもちろんのこと、仲の良い友人も、実家あるいは親戚の家でファミリー・ディナーを計画していたりと、普段付き合っている友人たちも忙しかったりして、どうしてもシングルの人はパートナーがいないことを意識してしまう時期です。そこで、今年も弊社では、恒例のホリデー・キャンペーンを実施いたします!来年こそは、素敵な人とホリデーを過ごしたい人に、通常よりお得なプランをご提供します。詳しくはお問い合わせください。

さて、“イケメン3高男子”、“ITオタク男子”に続き、今回は、“バツ組男子”を分析していきたいと思います。このコラムは女性の読者が多いので、女性に向けて書いていますが、今回のテーマは男女問わず言えることですので、男性の皆さんもぜひ参考にしてみてください。また、今回もマッチメーカーとしての偏った意見であることをご理解頂いた上でお読みください。

皆さんは、バツ組(離婚歴あり)男子(もしくは女子)に対して、どのようなイメージをお持ちですか?何か問題がある人なのではとか、浮気がバレて離婚したのではなど、勝手に詮索し、躊躇してしまうかもしれません。でも、離婚歴のある男性を一括りにしてしまっては、素敵な人との出会いを逃してしまうかもしれません。

バツ組男性と出会いがある場合、気になる点はこんなところでしょうか?ざっと挙げてみました。

バツ組男子の気になる点とは?チェックリスト
  • □ 離婚の理由。
  • □ 結婚していた時期(別居期間も含め)。
  • □ 子供の有無(*もし彼に子供が既にいる場合、彼が新しいパートナーとの間に子供を希望しているかどうか)。
  • □ 子供がいる場合の養育費や親権について。
  • □ 元妻への慰謝料。
  • □ 現時点での元妻との関係。

もちろん“結婚”に臆病になっているかどうかもチェックしたい項目です。心の傷だけではなく、離婚で経済的なダメージが大きい場合もあります。新しい恋愛はしたいけど、結婚するとうまくいかなくなるのではと、頑なに“結婚”と いう形を否定していないかどうか。彼がこのステージにいるタイミングに出会ってしまっても、あなたにタイムリミットがない場合は、少し様子を見てもよいか もしれません。時間が経ち離婚の傷が癒えると、彼の考えが変わる可能性も大きいのです。ただ、次のステージ(結婚)の話をするタイミングには、細心の注意が 必要となります。

未婚男子 VS. バツ組男子

みなさん、バツがついている離婚経験者よりも、やっぱりバツ無しの未婚男子の方がよいと思いがちではないでしょうか?でもちょっと待ってください。

前回のコラム「第58回:ITオタク男子はスルメイカ!?」のコラムで書いたように、彼がオタク未婚男子であれば、あなたの教育次第で、素敵な旦那さんになる可能性も大ですが、一から十まで教えなくてはならないかもしれません。

もし、彼が“イケメン3高未婚男子”であれば、恋愛スキルは高いものの、結婚願望が全くなかったり、相手に求めることが異常に高い“4高男子”に進化しているかもしれません。4高男子との生活は、ちょっと想像するだけでもきつそうです。あなたが意識高い系の、家庭でもチャレンジが好きな完璧女子なら、最初はうまくいくかもしれませんが、今度は彼が根を上げてしまいそうです。

では、50代で既に2回離婚している人と、一度も結婚したことがなく、同棲経験もない男性では、どちらが生活しやすいと思いますか?これは、その人の年齢や、バツの数、離婚の理由にもより、一概には言えません。

バツ組男子は、いろいろなことを学んでいる?

バツ組の彼らは、既に結婚生活を体験しているので、勝手に理想や想像を膨らませず、女性に多くを望みすぎません。夫婦喧嘩も、超えてはいけない一線をイヤというほど学んでいるはずなので、引き際を知っています。前の奥さんと比べられるのではと心配する人も多いようですが、実は反対にハードルが低くなっているケースも多いのです。元奥さんがつよーいアメリカ人女性であったりすると、スパルタ教育をされていて、家事とはどういうことなのか知っています。ゴミを捨てるだけでは、家事を手伝っているとはいわないことを学んでいます。彼に離婚の理由を聞くと、彼女は家のことを何もしない人で…なんていうセリフが出てくるかもしれませんが、もし、彼が女性の仕事に理解があり、家事も率先して協力してくれる人であるならば、元奥さんに感謝してもよいくらいです。

子持ち男性はありかなしか?

やはり、気になるのは離婚の理由です。彼に聞いても一方的で(One Side Story)、信憑性に欠けるかもしれません。子供がいるかどうかも大切なチェックポイントです。もし彼に、既に子供がいる場合、ネガティブな要因だけではありません。いろいろと彼の人間性が見えてくるからです。この時に注意したいのは、自分を軸にして考えないことです(2人の時間を思うように過ごせないとか、養育費がなければ、もっと旅行にいけるのになど)。あくまでも、彼の人間性をみる事が大切ですし、子供は成長していつかは親離れをします。もし、あなたが子供を希望していないのであれば、もしくは、子供を授かるかどうか微妙な年齢だったら、子供を産まなくてはならないというプレッシャーから解放されます。

子持ち男性を観察してみましょう

既に彼が子育てを経験している場合、忍耐力も備わり、とても心強いパートナーとなるでしょう。即戦力にならない新米パパに、ストレスを抱えるママ達の多いこと(苦笑)。カリフォルニアはよっぽどのことがない限り、親権は半々です。言葉通り、本当に半々なので、子供も母親と父親の間を行ったり来たりします。子供が小さい場合は、元の奥さんとの接触もあるので、あまりよい気持ちではないかもしれませんが、反対に親権を持っていない男性の方が、何か問題がある可能性があります。子供への対応でその男性の人格も垣間見えるはずです。きちんと養育費を払っている(払える)男性なのかどうかも分かり、責任感のある人なのかどうかチェックできます。子供が既に成人してる場合も、どれくらい子供達と仲がよいかを見ることで、彼が父親としての責任を果たしてきたかどうかを確認できるでしょう。親と良い関係を築いている子供は、必ず親の幸せを願います。弊社では、入会を検討している方にお会いした際、結婚に対しての心構えや準備が整っているかどうかを確認するためにも、婚活を始めようと思ったきっかけを聞いているのですが、子供に勧められて、と答える方も結構多いのです。

ちなみに、私事ですが、私の息子は少林寺憲法を習っており、そこでもさまざまな大人の事情を垣間見ることがあります。元夫婦だったカップルが、子供の引き渡し場所を道場と決めているようで、父親もしくは、彼のパートナーである女性が子供を道場に送り、その子の母親が迎えに来て家に連れて帰るといった具合です。そして、その子の段の試験がある日には、道場に全員集合、父親を真ん中に、新しいパートナーとその子の母親が両脇に座り、仲良く談笑していたりします。このように、どうしても元の奥さんと関わらなくてはならない場合、その女性と良い関係を築いていた方が気持ちよく過ごせますね。傍観者として、彼がひどい仕打ちをして離婚にいたったわけではないということが、この元カップルの関係から分かる気がしました。

離婚の理由も人それぞれ

離婚大国であるアメリカでは、離婚経験者が2人に1人(最近の日本は3人に1人だそうです)、私がインタビューをさせて頂いた方たちも、40歳を過ぎると離婚経験率は高く、その方の年齢にもよりますが、バツの数が2、3回あってももう驚かなくなりました。なお、私が過去インタビューした人の中で、離婚歴が一番多かった男性は3回、でも婚姻歴は4回(最後の奥さんは死別のため)、女性は2回がマックスです。何度も離婚を繰り返している人だと、やはり躊躇してしまいますね。でも、離婚の理由も人それぞれで、じっくり話を聞くと、しょうがないということもたくさんありました。

過去に伺った離婚の理由の中で、これはさすがに仕方がないなと私自身も感じたトップ3を挙げてみたいと思います(相手の浮気や暴力という、言語道断な理由はここでは書いておりません)。

1. 実は彼(彼女)がゲイだった

以前インタビューした女性Hさんの実話です。彼女と彼はとても気の合うパートナー。一緒にいて楽しいしリラックスできて、親友のような大好きな彼だったそうです。「でも、今思えば、男女の関係となると、かなり淡白でしたね」とHさん。彼女が数週間日本に里帰りをして、彼の元に帰ってくるとクローゼットには今まで見たことのないレザーパンツやベストがあり、彼のファッションが驚くほど変わってしまっていたそうです。「結婚生活の後半には、そんなファッションで、夜な夜な出かけていく彼に愕然としていました」と、Hさんは過去の辛いエピソードをシェアしてくれました。

逆のパターンもあります。Rさん(男性)は、奥さんにある日、女性の恋人がいると告白されました。でもまだ娘が高校生なので、娘が大学に入るまでは内緒にしてほしいと言われ、3年間にわたって仮面夫婦を続けたそうです。彼はキッチンやリビングルーム、ベッドルームのある大きなクルージングボートを所有していたため、娘さんと奥さんに家を譲り、娘さんにはパパとママはお互いに距離が必要と説明をし、しばらくボートで生活していたそうです。娘さんが晴れて大学生となることが決まり、新しい人生を歩み始めるために、弊社のコンサルテーションを受けられました。

2. 女性がグリーンカード狙いだった

もうこれは詳しく書かなくてもお分かりですね。結婚すると、まずは2年間の期限付きのグリーンカードがもらえます。ここをクリアすると、次は10年のグリーンカードが発行されます。この2年間をクリアし、新しいグリーンカードが届いた直後に女性が豹変し、はっきりと、あなたを愛したことはなかったけど、グリーンカードをありがとう!と言われた人もいました。発展途上国から来た魅力的な女性に騙されてしまったケースですね。

3. 奥さんの秘密が発覚

次のJさんのケースは、まさに小説のような展開でした。Jさんが私とのインタビューを受けられたのは、40代前半で、既にバツ2。彼は裕福な家庭で育ったアジア系の男性でした。彼のご両親は彼が大学に入ると、彼をアメリカに残して国に戻りましたが、Jさんには自国の女性との結婚を望んでいたため、まだ、大学に通っているJさんと、知り合いのお嬢さんとのお見合いを設定し、ほとんど政略結婚のような状態で結婚させられてしまったそうです。まだお互いを知らない状況での新婚生活でしたし、大学の勉強で忙しいJさんは彼女への気遣いができず、英語の得意でない彼女はノイローゼ気味になってしまい、国に戻ってしまったそうです。相手のお嬢さんにもかわいそうな目に合わせたとJさんは言っていました。Jさんはその後、大学を卒業し、良い仕事に就き、親とは決別し、他の女性と結婚をします。二人でバリバリ働き、大きな家を建て、そろそろ子供でもと考えている矢先に彼は病に倒れてしまいます。今までのように仕事もできず、奥さんもストレスが溜まっているようでした。そんな時に、彼は知り合いから、奥さんらしい人をいかがわしいサイトでみたと言われます。そんなことはあるはずがないと、教えてもらったサイトを確認すると、そこには見ず知らずの男性と性交渉を持っている彼女が!Jさんに秘密を知られてしまった彼女は、その後、直ぐに彼の前から姿を消してしまったそうです。お金のために彼女がそのようなことをしていたと知り、彼は深く自分を責め、苦しみ、寺院のような所に身を置きます。そして、精神的なリハビリステージに入り、自分の人生を振り返った時、いろいろなことを理解し、受け入れ傷を癒し、もう一度誰かと人生を共にしたいと弊社のドアを叩かれました。

このように、離婚の理由は千差万別。そしてパートナーが変われば状況も変わります。あなたは彼の元奥さんではないのですし、彼も離婚を経験する前の彼とは違うはず。

もし、バツ組男性と出会うチャンスがあったら、上記に挙げたチェックリストをきちんと調べてお付き合いをすれば、彼と理想の結婚生活を送れるかもしれません。もし自分の口からいくつも調査のような質問をするのは難しいというのであれば、結婚相談所を利用することも一つの手です。きちんとした結婚相談所であれば、離婚歴だけではなく、お相手についていろいろな情報を持っているはずです。紙面上だけの情報ではなく、あなたが不安に思っていることをマッチメーカーを通して聞いてもらうのもよいでしょう。

いかがでしょうか?ちょっと角度を変えて見てみたら、あなたの周りのバツ組男性の中に、掘り出し物が眠っているかもしれません。人間的に一回り大きくなった素敵なバツ組男性がシングルでいる時期は短く、市場に出てきたと思ったら、あっという間に消えて行きます。他の人に発掘される前に、一足早く彼の魅力に気づけますように!

2018年11月 22日更新

ホリデー・キャンペーンのお知らせ

皆さまに安心な出会いをプロデュースするglowで、今年も恒例のホリデーキャンペーンを実施中!

年内まで20%OFF、ご紹介人数追加、無料アップグレードなどあなたのニーズにあった通常よりお得なプランををご提供します。

素敵な人とホリデーを過ごしたい方、まずは無料コンサルテーションのご予約を!遠方にお住まいの方にはビデオを通してコンサルテーションをお受けいただけます。

お知らせ
女性プロフィール無料登録大募集中!

無料登録は簡単な質問に答えるだけ!まずはお気軽にお問い合わせください。

*弊社には幅広い年齢層の方が登録しています。無料登録、トライアル、学生プランを始め、一人一人のニーズにあったプランをご用意しています。ぜひウェブサイトも覗いて見てください!

質問・相談などありましたら気軽にご連絡ください。
info@glowjp.com

Columnist's Profile

International MatchmakerMiyoko Ohashi(glow biz inc)

アメリカ在住20年以上、国際マッチメーカー歴10年+の経験を持つ。1組でも多くのハッピーカップルを作るため、日夜奮闘努力中!良いご縁をご提供できるよう、皆様の婚活を誠心誠意サポートいたします。独身の方は、どんな方をお探しか、ぜひお気軽にご相談ください。

glow biz inc

870 Market Street, San Francisco, CA 94102
TEL:
415-249-0940
EMAIL:
info@glowjp.com

glow biz inc について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES