最新から全表示

71. 夫(別居中)の迷惑な子供の教育について(2kview/1res) お悩み・相談 2015/10/20 14:06
72. イーストベイにお住まいの方教えてくださーーい!!(3kview/2res) お悩み・相談 2015/10/15 08:48
73. フィアンセビザ(2kview/1res) フリートーク 2015/09/28 19:08
74. 【署名お願い】サンフランシスコに慰安婦像はいりません!(5kview/12res) フリートーク 2015/09/23 19:23
75. スピード違反のcitiation(2kview/2res) フリートーク 2015/08/12 22:25
76. タックスリターン2014(2kview/5res) フリートーク 2015/07/30 08:48
77. 治験(3kview/2res) お悩み・相談 2015/06/19 14:29
78. 2重国籍の子供のパスポート(1kview/4res) フリートーク 2015/05/15 23:41
79. 生活費の目安(3kview/8res) フリートーク 2015/05/15 23:39
80. SFO空港からJapanTown(1kview/2res) フリートーク 2015/03/09 22:28
トピック

2013年のタックスリターン

フリートーク
#1
  • tax man
  • mail
  • 2014/02/18 19:51

今年もタックスリターンの時期になりましたので、ご質問にお答えしたいと思います。

始めに、昨年の質問を数字的に分析してみますと下記の様になります

一時滞在ビザを持った方からの質問−62%
日本に帰国している、あるいは、海外からの質問—19%
アメリカに居住している方からの質問—19%

この数字をみてもわかりますように、通常の1040で申告する方ではなく
圧倒的に一時滞在ビザの方からの質問が多いという事がわかります。

アメリカ人のタックスリターンは、所得税の返却が主な目的に
なっていますが、ここに質問される方は、移民法がらみで
自分の申告のステータスや間違った申告による滞在資格への
影響や罰則という事が質問の背景にあるように思います。

従いまして、下記に該当する滞在ビザやステータス
にあてはまる人は、申告に関する規定を十分理解して
申告書類を作成する必要があります。

1)Fビザ、Jビザの方でアメリカで所得がある人
2)HビザやEビザでアメリカに居住が一年目で
183日以上あるいは183日以下の滞在日数の人
3)昨年アメリカに居住して所得があり、12月31日には日本
に帰国している人
4)Fビザでアメリカ居住が6年以上の人
5)Jビザでアメリカ居住が3年以上の人
6)F、J、H、Eビザからグリーンカードを申請する事を考えている人
7)アメリカに居住していながら日本からの所得がある人
8)永住権を持ちながら、日本に帰国して日本で所得がある人

一時滞在ビザで滞在している方の申告は、同じビザでも
滞在期間などの違いで、アメリカ人が通常使用する1040ではなく、
1040NRのフォームになり、この場合にはE-Fileなどはできませんし、
申告フォームの郵送先も1040の郵送先とは違った送付先になります。

また、一時滞在の後に日本に帰国する場合でも
「Dual Tax return」などの特別な申告をする必要がでてきますので、
アメリカ市民の申告と比べて複雑になっておりますので、申告には
十分な理解が必要です。

一時滞在ビザの方が将来永住権の申請を考えて
いる場合には、過去のタックスリターンの申告書類や
履歴が サポートドキュメントになりますので、
十分な理解無しに、間違ったフォームで申告したり、
過去の申告書類を紛失したりする事は避けなくてはいけません。

永住権を将来取得したいと考えている方は、
申告に関するミスなどは永住権取得に悪影響を与える可能性がありますので
規則の理解だけでなく、ミスのない申告書類の作成が
なによりも大切になります。作成に自信がない場合には、
永住権を取得するまでは、プロに作成を依頼する事も考慮する
必要があると思います。

日本に帰国し、日本で所得を得た方からの質問が
あります。質問される方は、日本に帰国して
日本の会社で働けば、永住権を失うと言う事は
十分理解していながら、「タックスリターンさえ
していれば、永住権を失わない。」と
都合の良い理解をして、その確認を求めて質問
をしてくるケースが増えています。

本来、永住権を持ちながら日本へ永住帰国した
場合には、アメリカ大使館に永住権破棄の手続きを
して、そのフォームのコピーをタックスリターンの
申告時に添付し、さらに破棄した旨のStatementを
添付してIRSへの最終申告とする必要があります。

#2

こんにちは。
とても親切な掲示板をたててくださって本当にありがとうございます。
私は2013年に帰国しましたので、2013年のTax returnはDual Statusになると思うのですが、申請書類がいままでと勝手が違い、いろいろなサイトやIRSのインストラクションも読んだのですが、いまいちはっきりとした回答が得られず、頭を抱えていました。
御力をお貸しいただければ幸いです。

以下私の情報です。
1.J1ビザ
2.2010年3月28日入国、2013年3月13日帰国
3.2010.4-2013.2までアメリカからのみの給料、2月退職
2013.4-日本のみでの給料全く違う会社
4.2013年 W2 フォーム
① 8846.54
② 1296.53
③ 9300.10
④ 576.61
⑤ 9300.10
⑥ 134.85
⑫a DD 1207.65
⑬Retirement plan

5. 2013年 1099Rフォーム
① 6561.07
② 6561.07
④ 1312.21
⑤ 0.00
⑦ 1

6.前年度のTax return refund $1568

以下に質問をのせさせていただきます。
1.年度末に日本に居住しているのでフォーム1040NR (またはフォーム1040NR-EZ)の上部に “Dual Status Return” 、フォーム1040 の上部に、“Dual Status Statement”
と書くで正しいでしょうか?
2.またどちらのフォームにどの収入を記載していいかわかりません。
3. Statement Required to Establish Residency Termination Dateは必要でしょうか?

よろしくお願いします。

#3

Tax manさま、宜しくお願いします。

子供たちのTaxリターンのことなのですが...
フルタイムのStudentなのですが、アルバイトをしているのでTaxリターンをします。それと学校から奨学金をもらっているので1098-Tが来たのでこれも申告します。

去年、Taxリターンをした際、500ドル以上のTaxを払うことになりました。
子供の話だと、『同じところで働いていて同じ学校に通い同じ額ぐらいの奨学金をもらっている子も、Taxは払わず戻ってきている子が何人もいた』と言っていました。

子供から聞いた話なので詳しいことはわからないのですが、どうしてこのような違いがでるのかわかならないでいます。

このような簡単な書き方ではアドバイスしづらいかもしれませんが、
何かご返答を頂けましたら幸いです。

#4

すみません。
1042Sについて記載するのを忘れていました。
今年の1042Sはまだ手元に届いていないので正確な数字はわからないのですが、およそ1000ドルのGross incomeがあると思います。
よろしくお願いします。

#5

#3

>>子供たちのTaxリターンのことなのですが...
>>フルタイムのStudentなのですが、アルバイトをしているのでTaxリターン>>をします。それと学校から奨学金をもらっているので1098-Tが来たのでこ>>れも申告します。

>>去年、Taxリターンをした際、500ドル以上のTaxを払うことになりまし>>た。

>>子供の話だと、『同じところで働いていて同じ学校に通い同じ額ぐらいの奨>>学金をもらっている子も、Taxは払わず戻ってきている子が何人もいた』と>>言っていました。

>>子供から聞いた話なので詳しいことはわからないのですが、どうしてこのよ>>うな違いがでるのかわかならないでいます。

>>このような簡単な書き方ではアドバイスしづらいかもしれませんが、
>>何かご返答を頂けましたら幸いです。

タックスリターンというのは、数字を扱う業務ですので、
記入された情報にお子さんの所得に関する情報が全くないので
プロとしては、全く「お手上げ」の状態です。

#2に質問された方のようにまず、収入に関する情報がないと
回答はできません。

参考までに、子供(扶養家族)のタックスリターンに関して
勘違いしやすい点を説明します。

1)子供のタックスリターンは、Exemption($3,900)がとれません。
理由は、扶養家族なので、その$3900分は親の申告に使用します。

2)1098-T(学費)の控除は子供の申告には入れる事はできません。
仮に子供が自分で働いた所得で、学費を支払った場合にでも、その額は
親の(扶養者)申告での控除になります。

3)昨年の支払い額が500ドル以上になったとの記載がありましたが、
その計算なり、申告書は誰が作成したのでしょうか?ご自分で作成したならば
ミスをした可能性もありますし、もしプロが作成したのであれば、
非常に簡単な計算なので、友人がどうであれ間違いはないと思います。

もし、原因が知りたいのでなく、正確な申告書を作成したいと
考えての質問なら、W-2の詳細をご連絡ください。

“ 2013年のタックスリターン ” に対する書き込みの有効期限は終了しました。
引き続き同じトピックを続けられる場合は、新規トピックを作成してください。