サンフランシスコ稲門会

サンフランシスコ・ベイエリア在住の早稲田大学卒業生の同窓会です。

パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
総会
隔月会
早大卒の守屋純子ジャズピアニスト作曲家のレセプション
セーリング企画
早慶ゴルフ大会
ランニング企画
稲門会三田会合同ピクニック
ファミリーBBQ
チャリティー古本市
サンフランシスコ稲門会

サンフランシスコ稲門会は、サンフランシスコ及びベイエリアに住む
早稲田大学校友会員によって組織、運営されております。

会員及びそのご家族の親睦をはかることを目的としており、さまざまなイベントを開催しております。
総会、ピクニック、ゴルフ、テニス大会、セーリング、ランニング、親睦会など、幅広いカテゴリで活動しております。

是非、ご参加ください。

《入会申し込みはこちらから》



サンフランシスコ稲門会 ご挨拶

早稲田大学 総長
鎌田 薫

サンフランシスコ稲門会の皆様方におかれましては益々ご健勝にてご活躍のこととお慶び申し上げます。
日頃から黒田会長を中心に、会員の皆様が一丸となって支部の運営に力を尽くされ、早稲田大学および早稲田大学校友会の発展にご貢献いただいていることに対し、心からの敬意と感謝の意を表します。
昨年8月にサンフランシスコを訪問させていただいた際は、盛大な歓待を賜るとともに会員の皆さまとの楽しい時間を過ごさせて頂きました。改めて心よりの御礼を申し上げます。
本学は、2012年に策定した将来計画“Waseda Vision 150”を通じ、大胆な大学改革を次々と進めております。国際化に対応した教育環境整備の面では、セメスター制の完全実施とクォーター制の導入、多種多様な留学プログラムの提供、留学生と地方学生が混住する中野国際コミュニティプラザの建設などを通じ、世界各国から約4,800人の外国人学生が集まり、年間約3,200人の学生が海外での学びを経験する、国内で最も国際化の進んだ大学となっています。
さらに、人間力、洞察力を備えたグローバルリーダー育成の機能を強化するため、少人数の対話型・課題解決型授業やインターンシップ、ボランティアをはじめとする体験型授業を充実させ、文化的背景や社会的立場の異なる多様な人たちとの交流を通して、学生の問題解決力や異文化理解力を涵養するための改革を加速させています。
昨年9月には文科省「スーパーグローバル大学創成支援(SGU)」トップ型に本学の“Waseda Ocean構想”が採択されました。今回採択された「トップ型」は、大学ランキングトップ100入りを目指す、世界レベルの教育研究を行う大学を対象とするもので、本学は10年で18の研究分野で世界ランキング100位以内に入ることを目指しています。そのためには世界の大学とのネットワークを活用することが重要であり、サンフランシスコはその最重要拠点の一つと捉えています。今後、本学と米国の大学との研究コラボレーションや共同プロジェクトを展開し、成功させていくにあたり、サンフランシスコで活躍されている皆様のご理解とご支援をお願いできれば大変幸いに存じます。
今後も、本学は、校友の皆様方のご活躍に支えられながら、世界中の人々から親しまれ、期待され、そして、それに十分に応えうる大学となるべく力強く歩み続けてまいりますので、何卒引き続き宜しくご指導・ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
皆様方のご健勝とサンフランシスコ稲門会のますますのご発展を祈念し、私からのご挨拶とさせていただきます。