地域の生活基本情報

びびなび生活情報コラムは留学、転勤などで引っ越してきた方々に各地域で必要な生活情報をお伝えするコラムです。教育、医療、金融、飲食業など様々な種類の専門家が生活に必要な情報を提供します。

2018年11月 30日更新

ミツワマーケットプレイス サンノゼ店よりお酒とお米にまつわる豆知識

ミツワマーケットプレイスサンノゼ店ではお酒やお米、青果、精肉、生魚と豊富な食材を日本から直輸入しています。最近では、日本食がヘルシーであることも手伝って、日本食ブームが起こったおかげで、日本人のお客様だけでなく、日本の食材に興味を持ち、好奇心からお買い求めいただく日本人以外のお客様まで州内、州外問わずさまざまなお客様にご来店いただいております。

では、ここで日本人以外のお客様から、よくある質問を二つご紹介したいと思います。皆さんも、お友達に日本食をオススメする際の参考にしていただけたらと思います。

まず一つ目、日本酒の違いとは何でしょうか?

大きく分けると三種類です。「純米酒」「吟醸酒」「大吟醸酒」です。

こちらは、お米の精米歩合で分かれています。お酒に貼られているステッカーに、精米歩合が〇パーセントと書かれているのを見たことがある方も多いと思います。精米歩合とは「精米後の白米の、元の玄米に対する重量の割合」のことですが、これだけではよくわからないと思います。お米とは周りを削ることで、お米の中心になるほど香りが高くなります。精米歩合とは、つまりお米がどれだけ削られているかを表す数値なのです。もしもステッカーに精米歩合65%と表記されていたら、それは65%お米が削られて発酵させたお酒ということになります。ですので、精米歩合が低いほど高価なものになり、雑味のないスッキリした味わいが出てきます。

「純米酒」は、無添加の日本酒の本来のどっしりとしたボディの飲み口で、お米の甘みが強く感じられます。

「吟醸酒」は、精米歩合が60%以下の白米を、低温で長時間かけて発酵させているので、きめ細やかで繊細な味わいが楽しめます。

「大吟醸酒」は、精米歩合が50%以下の白米を、低温で長時間かけて発酵させ、吟醸造りをさらに醸しています。より華やかな香りで、さらりと澄んだ酒質が楽しめるお酒です。

お酒売り場で日本酒を選ぶときには「どのように飲みたいか?HOTかCOLDか?」を一番最初に考えましょう。これで、大まかにお酒の種類が決まります。

HOTの場合: 純米酒
COLDの場合: 純米酒・吟醸酒・大吟醸酒

をオススメします。

他にも、スパークリング酒や濁り酒などもありますが、こちらもCOLDで飲んで楽しんでください。

そして二つ目、どのお米がお寿司に使われるライスですか?

お米は、米粒のサイズによって三種類に分かれています。「短粒米(Short Grain Rice)」それから「中粒米(Medium Grain Rice)」「長粒米(Long Rice)」の三種類です。お米の袋によっては、窓がついており、そこから中の米粒を見ることができます。

お米の長さが短ければ短いほど、もちもち感があり、日本のお米はこの種類にあたります。

アメリカ全体で栽培されているお米は、中粒米や長粒米が多いですが、お寿司用のお米として使われているのは、日本のお米の種類である短粒米になります。ご自宅で手巻き寿司パーティなどをするときには、短粒米を購入しましょう。

また、北カリフォルニアと言えば、アメリカ国内で最も重要な農業地帯の一つです。カリフォルニア産の「コシヒカリ」や「あきたこまち」も、ここ北カリフォルニアで生産されています。みなさんご存知でしたか?

北カリフォルニアは暖かく、そして日中と夜間の寒暖の差がある地中海性気候の土地です。そして、それがお米作りには理想の気候なのです。それだけではありません。シエラネバダ山脈を源泉とする澄んだ水も味方にし、とても美味しいお米が作れるのです。そしてこの短粒種と呼ばれる、ほぼ円形に近く、粒が小さくて短いタイプのお米が、さきほどお話した「コシヒカリ」や「あきたこまち」になるのです。そして、これらは100%日本市場向けに栽培されています。

参考になりましたか?

2018年現在、全米で11店舗を展開するミツワマーケットプレイスでは、日本からの名店を集めた「日本全国うまいもの市」「北海道物産展」などのイベントも催しており、物販はもちろんですが、オープンキッチンでお客様の目の前で実演販売なども開催しております。年末にかけては、ホリデーギフトや飾り餅、お鏡餅からおせち料理まで店頭に並びます。

また、フードコートや専門店も入っておりますので、日本から離れて暮らす方々にとって、当店が「すぐに行ける日本」になればと思っています。

そんなミツワマーケットプレイス、サンノゼ店!
皆様のご来店を心よりお待ちしております!

今回のコラムニスト
ミツワマーケットプレイス サンノゼ店
岸本泰明 (きしもとやすあき)

大手前大学社会文化学部卒業後、セブンイレブン・ジャパンに入社。2007年ミツワマーケットプレイスに入社、トーランス本店店長を経て、2016年より、サンノゼ店店長。

2018年11月 30日更新

上記は記事更新日時点の情報をもとに執筆されています。最新情報は異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Information

あなたの街の生活情報サイトびびなび(Vivid Navigation, Inc.)

びびなびは世界中の地域で生活情報を取り扱っているウェブサイトです。
こちらの「びびなび生活情報コラム」は、弊社による執筆ではなく、各分野の専門家の方々にそれぞれの地域で役立つ生活情報を提供していただいております。
特に留学、転勤などで引っ越してきたばかりの方々にご活用いただけましたら幸いです。

Vivid Navigation, Inc.

Harbor City, CA / 東京江東区