お電話やメールで、お気軽にお問い合わせください!

シリコンバレー不動産

駐在員の方とそのご家族に向けた、「ただの家探し」だけではない充実したサービス。光熱関係の手配からお子様の学校選び、賃貸契約のクレジットヒストリーの問題までご相談ください。短期住宅サービス(ウィークリーマンション)開始しました!

パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
パノラマ
PGlmcmFtZSBpZD0iTUtPTFlleTk0YmMiIHdpZHRoPSI0MjAiIGhlaWdodD0iMzE1IiBzcmM9Imh0dHBzOi8vd3d3LnlvdXR1YmUuY29tL2VtYmVkL01LT0xZZXk5NGJjP3JlbD0wJmVuYWJsZWpzYXBpPTEmYW1wO3dtb2RlPXRyYW5zcGFyZW50IiBmcmFtZWJvcmRlcj0iMCIgYWxsb3dmdWxsc2NyZWVuPjwvaWZyYW1lPjxkaXYgY2xhc3M9ImV4bWVkaWEtcmVmZXJyZXIiIHRhcmdldD0iX25ldyI+PGNpdGU+5Y+C54Wn5YWDIDogPGEgaHJlZj0iaHR0cDovL3d3dy55b3V0dWJlLmNvbSIgdGFyZ2V0PSJfbmV3Ij55b3V0dWJlPC9hPjwvY2l0ZT48cD48YSBocmVmPSJodHRwczovL3d3dy55b3V0dWJlLmNvbS93YXRjaD92PU1LT0xZZXk5NGJjIiB0YXJnZXQ9Il9uZXciPmh0dHBzOi8vd3d3LnlvdXR1YmUuY29tL3dhdGNoP3Y9TUtPTFlleTk0YmM8L2E+PC9wPjwvZGl2Pg==
パノラマ
パノラマ

シリコンバレー・サンノゼ・サンフランシスコへ赴任される駐在員のお客様へ


日本からご赴任が決まり、海外に引っ越しされる際には様々な問題に直面します。
海外への引越しはそれだけでも労力がかかりますが、さらにこのような問題があると大変なストレスとなってしまいますよね。

そのようなストレスが少しでも軽減されるよう、弊社の経験豊かなスタッフが丁寧にサポートいたします。

シリコンバレー不動産は、日本からご赴任の際に直面する様々な問題に対応いたします。

学校問題

公立学校へお子様が通う場合、日本と同じように、住んでいる場所によって学区が決まっています。日本との違いは、同じ公立の学校でも教育方針やレベルが違ってきます。カリフォルニア州にはAPIスコアというものがあり、高い点数が付けられている学校がレベルの高い学校になります。レベルの高い学校へ通える地域を物件探しの前に知っておく必要があります。

クレジットヒストリーの問題

アメリカでは「クレジットヒストリー」という保証制度が広く使われ、クレジットヒストリーがないと、賃貸契約が出来なかったりクレジットカードが作れなかったりします。日本からシリコンバレーに海外赴任する駐在員の方はもちろんこのクレジットヒストリーがないので、賃貸契約の際に問題になることが多くあります。

ソーシャルセキュリティーナンバーの問題

アメリカでは「ソーシャルセキュリティーナンバー」という市民・永住者・外国人就労者に発行される社会保障番号があります。これもクレジットヒストリーと同様に番号を持っていないと賃貸契約に支障がでることがあり、赴任前の出張で家を探そうと思っている駐在員の方の場合の契約の際に問題になることがあります。

英語でのコミュニケーションの問題

契約の内容や交渉などはほぼすべて英語で行われます。訴訟の国アメリカですから、契約書も2,3枚ではなく、下手をすると30枚位の契約書を渡される事があります。慣れない賃貸契約に関する単語などで意味を勘違いしたまま契約をしてしまったりと問題が出ることがあります。

地域による治安の問題

シリコンバレー、サンノゼでは一本道路を間違っただけで、ガラっと治安が悪くなることが多くあります。住む場所を決めるにあたって、安全な地域や場所をまずは知ることが大切です。


交通システムの問題

アメリカは車社会です。特にシリコンバレー、ベイエリアは、フリーウェイやエクスプレスウェイの交差が多く渋滞も酷い地域です。家から会社への毎日の車での移動を効率的に行うためにも、シリコンバレーの交通システムを知ることが大切です。

■ Why We Do More -なぜここまでするのか?- に込められた代表の思い

1995年1月17日、阪神淡路大震災。
まだ日本語の全くわからない弊社社長ロビンソンを助けてくれたのは、日本人の皆様でした。
被災後の公園生活では、みんなで一致団結して、家の下敷きになっている人たちを助けたり、公園で火を炊いたりしました。
家に食べ物がある人がおにぎりを作ってきてくれて食べ物を配ったりしてくれました。

「この時の恩を日本の皆様に返さなくては」

この強い思いから、ロビンソンはその後アメリカにある日系企業の皆様のお手伝いをする不動産会社をはじめました。

お子様の学校選び
地域による治安のアドバイス
交通システムのアドバイス など

不動産会社がなぜそこまでするのか?と思うかもしれません。
ただ住まいを提供するだけでなく、アメリカにくる方々の生活の不安を解消したい。

この想いが、弊社ビジネスの根本なのです。

今年アメリカに駐在・ご出張される方、またはお引越しをご予定の方。
ぜひ、シリコンバレー不動産までお気軽にお問い合わせ下さい!


1.経験豊かなスタッフがサポート

弊社では、シリコンバレー在住10年以上のバイリンガルスタッフが治安・交通・学区だけでなく家族全員の利便性を追求し、サンフランシスコ・サンノゼの物件事情を踏まえて住宅探しを行います。お客様のご要望に合った物件を、お客様にとって最適な地区で探します。

2.契約のサポート

また契約締結や更新の際も、駐在員様に同行し万全のサポートをいたします。米国カリフォルニア州公認不動産取引主任(ブローカー)ライセンスを持つ、カリフォルニア不動産法に熟知したスタッフがチェックをし、注意しなくてはいけない箇所を説明させていただきます。

3.駐在員の直面する問題を解決

さらに、サンフランシスコ・シリコンバレーへ赴任する駐在員様が直面するクレジットヒストリーの問題は、長年培ったネットワークの中からクレジットヒストリーがなくても契約が出来るオーナーをご紹介いたします。これは日本の駐在員様を長年サポートしてきたからこそできる弊社の強みの一つです。またソーシャルセキュリティーナンバーについても、解決方法をご提案し、賃貸契約がうまくいくようにサポートいたします。

お問い合わせフォーム

すべて日本語で対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
メールアドレス 必須
お名前 必須
お問い合わせ内容