人生を豊かにするファイナンシャル・プランニング

より良い人生を送っていくには、良く考えられたプランに基づき消費を行い、貯蓄の増加を図り、不測の事態に備える必要があります。米国で充実した人生を送るためのファイナンスへの考え方や、プランの作り方、実際のケースについて学びます。

2018年 8月 3日更新

第12回 : 収益率でなく、貯蓄率を向上させる

「大きな資産形成をするには大きなリスクを取らなければならない」という人がいます。本当でしょうか?フィクションでしょうか?正しい答えは「最小限のリスクを取りながら大きな資産形成を行う事は可能です」。
投資家になる前に貯蓄家になろう

従来のファイナンシャル・プランニングでは、所望するまたは目標とする資産残高を将来達成するために、次の数式に基づいて解決策を提示していました。

目標 = 金額 x 時間 x 収益率

例えば、ある人がリタイアメントのために100万ドルを貯蓄(目標)したい場合、25年間(時間)は資金を貯め続けると仮定し、資金は年率10%の収益(収益率)を生むと仮定すると、年間9,250ドルの貯蓄(金額)が必要であると算定されます。でも、なぜ私達は目標に近づいていると感じないのでしょうか?

シナリオAは年収20万ドルの人が、年間1万1,400ドル貯蓄している例を示しています。全米の平均貯蓄率5.7%*1を仮定しています。DALBARリサーチによれば、投資家行動パターンを勘案すると、投資信託ファンド投資家の20年間の年平均収益率は、わずか2.1%(2016年)となります。

収益保証のある金融商品に15~20 %を貯蓄

このシナリオでは、25年後におよそ$37万7,000ドルの資産残高となります。こうしたストーリーが現実となっているのを私達はこの数十年間見てきました。今日、あまりにも多くの消費者が金融市場での「投資」を行う一方で、収益保証のある金融商品を活用した「貯蓄」は全くしたことが無いケースが多く見受けられます。

シナリオBは、5%の収益保証のある金融商品に年収の18%を毎年貯蓄した例を示しています。この人の場合、25年後に100万ドルをはるかに超えるおよそ270万ドルの資産残高となります。

この差は皆さんがコントロールできる貯蓄率に大きく起因しています。この戦略を実現する方策が見つかれば、「目標」を最小のリスクで、潜在的に可能な資産残高の成長を達成し、失業、洪水、ハリケーン、増税、利率上昇等の事態に対応する流動性資金プールを維持する事ができます。安全で、流動性があり、収益保証のある資金*2をバランスシート上に維持する事は、財政の安全保障と皆さんの「目標」を達成する上で欠かせない条件です。ファイナンシャル・アドバイザに相談され、皆さんの状況に応じたアドバイスを求めて下さい。

*1 US Bureau of Economic Analysis 22016 Quantitative Analysis of Investor Behavior.

*2 「収益保証のある金融資産」は資産の保全を意味するものでは無く、収益はその金融商品を提供する金融機関の確約と信用度に依存している

2018年 8月 3日更新

お断り: アレックス・クロサワ(黒沢篤)氏はパーク・アベニュー・セキュリティーズ LLC (PAS)に勤務するレジスタード・レプリゼンタティブでありファイナンシャル・アドバイザである。住所と電話番号OSJ: 3585 Maple Street, Suite 140, Ventura, CA 93003, (909)399-1100. 証券類商品はFINRA及びSIPCのメンバであるPASから提供される。PASはガーディアンの間接100%子会社である。同氏はニューヨーク州ニューヨーク市に所在する米国ガーディアン生命保険会社®(ガーディアン)のファイナンシャル・レプリゼンタティブでもある。保険商品は通称パシフィック・アドバイザーズと称されるワン・パシフィック・ファイナンシャル・アンド・インシュアランス・ソリューションズ、LLCを通じて販売される。パシフィック・アドバイザーズ社はPAS及びガーディアン社の関連会社でも子会社でもない。ガーディアン・ネットワーク®は ガーディアン及びその子会社の商品を販売する優良認可企業のネットワークを指す。パシフィック・アドバイザーズLLCは業務免許を受けた投資アドバイザ企業ではない。この資料は一般的な情報を提供する目的で作成され、課税、法律、または投資に関するアドバイスを提供するものではない。データは信頼できる情報源から集められているが、各々の個人の状況は異なる事を明記されたい。ここに提供されている情報を利用するに当たっては専門家のアドバイスに基づいて活用される事を勧める。全ての著作権は黒沢篤氏により保全されている。2018著作権。カリフォルニア州保険免許#0I32272 2018-60740 Exp 06/20

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

alex_kurosawa@pacificadvisors.com

Columnist's Profile

ファイナンシャル・アドバイザ/リタイアメント収入専門職(RICP®ATSUSHI "ALEX" KUROSAWA(Pacific Advisors, LLC)

黒沢篤氏は半導体エンジニアとして米国企業に招聘されて渡米、その後シリコンバレーで起業家・経営者として活躍しました。現在は、20年に渡る幅広い財務経験、最新のリサーチと戦略に基づき、クライアントの状況に応じたファイナンシャル・プランを提案し、プランの実現を継続的にサポートしています。企業向けには、雇用競争力となる401(k)等のベネフィットの設置、事業継承・出口計画、役員報酬等についてアドバイスをしています。全てのファイナンシャル・プランは業界最先端のツールThe Living Balance Sheet上に構築されています。私達の世代は激しく変化するグローバル経済環境の中で暮らす一方で、統計的に90~100歳まで長生きをすると予測されています。未曾有の環境で生きるためのプロテクション戦略、資産形成、リタイアメント、相続等に関する最新のプランニングの知見を平易に解説した記事を日本語で出版、ワークショップを定期的に開催して好評を得ています。弁護士協会や会計士協会にも所属しています。アメリカンカレッジ認定 リタイアメント収入専門職(RICP®

Pacific Advisors, LLC

900 E Hamilton Ave., Suite 350, Campbell, CA 95008
TEL:
408-497-0257
EMAIL:
alex_kurosawa@pacificadvisors.com