最新から全表示

1. 独り言板(8kview/59res) フリートーク 2019/04/19 08:00
2. パロアルトからサンフランシスコ観光(24view/2res) 疑問・質問 2019/04/18 12:00
3. 2018年のタックスリターン(190view/5res) フリートーク 2019/04/03 05:14
4. 英語 <-> 日本語 交換 (Skype)(48view/0res) フリートーク 2019/03/26 02:01
5. 探しています。(145view/1res) その他 2019/03/21 16:24
6. カンパニーランチ(21kview/47res) お悩み・相談 2019/03/08 10:00
7. AF(204view/1res) 疑問・質問 2019/03/05 18:16
8. クレジットカード(188view/1res) 疑問・質問 2019/03/03 20:25
9. ふりん☆ふりんの年甲斐になくフリーな質問(37kview/78res) フリートーク 2019/02/18 20:41
10. スタンフォード大学STEMキャンプ(511view/5res) 留学生 2019/02/03 02:37
トピック

京セラフィロソフィー教えてください

学ぶ
#1
  • 編集部
  • mail
  • 2017/04/25 19:09

こんにちは。

最近経営を始め、夫の赴任にともないカリフォルニアに引っ越してきました。京セラフィロソフィ手帳等の理解に苦戦し、もともと活字になじめないのはもちろんなのですが、ここからだと塾長例会に参加するのも大変ですし(学びの燃費が悪くて)困っています。こんな私に、京セラフィロソフィーのポイントをお教え頂ければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

たとえば、「経営者が利他的に振舞うことが会社を利する」という考え方があり、それに伴い、「会社を利するために経営者は利他的に振舞う」という考え方があり、これらは、「おもわなはじまりまへんがな」(松下幸之助)と「おもえばかなう」(盛和塾)の関係と同様に区別が難しく、その区別をするのが「動機善なりや、私心なかりしか」(※)という自問だったのではないかと思いますが、この自問が効かない例外がいくつかあり、その中のひとつは、従業員のときに利己的だった人ではないかなと思います。なぜなら、そういう人は経営者になって利他的に振舞えば実は利己的なままでいられるからです:

∈∋(44):あたい、この会社もうやる気ないから。
同僚らなど:じゃあなんでここにいるの?
∈∋(44):楽だから。
同僚らなど:(腐ってる)
∈∋(52):駐在できていた上司うぇ~ん

∈∋(49):あたいの得た情報はこの会社に一切残していかない。
同僚らなど:引継ぎ拒否ですか。
∈∋(49):ここが普通じゃないのであたいも普通である必要はない。

∈∋(49):引継ぎがたくさんあるからあたいは最後に出る。
同僚らなど:昨日「引継ぎしない」って言ってたけど?

∈∋(52):塾長うぇ~ん
稲盛塾長:もうよい。十分反省しようとしている。

如何(なもの)でしょうか。

(※)KDDIの母体となった第二電電を設立し通信事業に参入するにあたい、稲盛和夫は、動機は善なのか、そこに私心はないのかと自らに問いかけました。

#2

∈∋(43):enくん奥さんと別れるって。
∈∋(49):うちにいまゆうさん泊まってるんだ。

#5
  • 心のあるなし
  • mail
  • 2017/08/23 (Wed) 10:00
  • 報告

同僚:そこ奥さん働いてるじゃん。スパークにしかないものじゃないじゃん。
∈∋:なにわるい?
同僚:(いいわるいじゃなくて)

#11
  • 株式会社ワカックス
  • mail
  • 2017/11/08 (Wed) 19:34
  • 報告

「顔に現われているのは人間性♪」と書きなぐってきたあの塾生が自身のプロフィール写真を修整。

#17
  • パレット岡田
  • mail
  • 2018/03/09 (Fri) 19:24
  • 報告

>見事IBM公認代理店となり、3年後には東部に支店を設立する成功を収めた。

『申請すればIBM公認代理店にはなれます。日系という希少性から御社の場合は基準が甘くなっていたはずです。』

こう言って会議の口火を切ったのは、サンフランシスコで開催されていたシンポジウムの合間に来社した、日本の”IBM公認代理店”の社長だった。

『そして、・・・』

社長は続けた。

『そして、・・・各地に窓口を設置するところまではみながやります。問題はそこからです。』

誇張のない、事実に基づいた激励の言葉だった。そこにいた全員が肯定的に聞き入り、社長の次の言葉を待っていた。  はずだった。  あたいは中座し、その会議ばかりでなく、夕食会、日を変えて行われた会議、懇親会、合計6~8回の機会のすべてを欠席した。支援を名乗り出てくれた会社の社長さんだったので、実のある話ができないならかえっていない方がいい。そういう意味では適切な行動だった。とはいえ表向きはリーダーだから、全日程の完全な不在は失礼を意味してしまう。同僚たちはそのような意味に受け取られないよう、最大限の配慮をした。そうした配慮もあたいには承認や求心にみえていたのかもしれない。

冒頭で引用した偽記憶はこうして仮構された。稲盛和夫の「(やれやれ。ここで泣かれても。)もうよい。十分反省しようとしている。」はこの維持に貢献した。

“ 京セラフィロソフィー教えてください ” に書き込む

コメントフォーム
ユーザ名
[確認]
メールアドレス
利用規約 (必ずお読み下さい)
  • 書き込む