パノラマ

金融・保険 / 知って得する

~アメリカの生命保険の種類のご紹介~

アメリカの生命保険の種類のご紹介を致します。
アメリカの生命保険は、掛け捨て保険と言われる定期型保険と積み立て型保険の二つに大きく分けられます。

<掛け捨て定期型保険>
Term Life Insurance と言い、子供が成人するまで、あるいは家のローンを払い終えるまでの間など、契約者のニーズに応じて、一定期間だけの保証(例えば10、15、20、25、30年)を設定します。
保障額に対し掛け金が比較的低く、また多くの場合 掛け金が契約時と一定しているというメリットもありますが、掛け捨てのため契約満期に返戻金がありません。

<積み立て型保険>
死亡保障と貯蓄性の両方を兼ね備えたものです。払い込み金額(Premium)から保険料(cost of insurance )などを差し引いた残りが貯蓄にあたる部分(Cash Value)として積み立てられます。
貯蓄分の増加は税繰り延べが可能で解約時には解約返戻金として受け取ることが可能です。商品によっては保険を担保にしてローンを組んだりすることが可能な場合もあり、これらのローン引き出しは免税としてみなされます。
しかし、ローンや現金を引き出した場合、その金額を返済しない限り、契約満了時に受け取る死亡保障額が減ることにもなります。
また、積み立て型保険は 死亡保障だけでなく、リタイヤ後の生活資金または教育資金としても使える将来性のある保険プランでもあり、払い込み金額は定期型保険より高くなります。

--------------------------------------------------

積み立て型保険は、様々な条件、運用の仕方によっていくつかの種類に分かれます。

●Whole Life(終身保険)
保険料は定額で設定され、また死亡保障も生涯続く。現在では積み立てられた貯蓄金(Cash Value)には3%~ 5%位の金利が設定されている場合が多い (プランによって異なる)。死亡時には保障額が支払われる。

●Universal Life Insurance (固定金利貯蓄型終身保険)
変化するライフスタイルに合わせて支払いや死亡保障額を変更できるカスタムメイドの保険。Cash Valueの利息は現行金利に連動するが現在は3~6% 程度。

●Variable Universal Life Insurance(変動金利貯蓄型終身保険)
Universal Life Insuranceの特徴に加え、Cash Valueは契約者自身が選ぶファンドで運用されるので、その実績に応じて死亡保障や解約返戻金が増減する。ハイリスク・ハイリターン。

●Index Universal Life Insurance(インデックス連動貯蓄型終身保険)
自分の選んだインベストメント ストラテジーによって利息が決まる。利率の上限が設定されている商品が多いが、インベストメントがマイナスになる恐れがない。固定金利型と変動金利を合わせもったタイプ。

以上、アメリカの生命保険の種類について簡単に説明しました。

--------------------------------------------------

最後に皆さんがつい見落としてしまいがちな長期介護保険(Long Term Care)の重要性をお話したいと思います。

2016年8月15日のItctree.comのLong Term Care Statisticsによると、およそ75%の独身者、また、50%の夫婦が貯蓄の全額を、ナーシングホームの一年以内の入居費を支払うのに使ってしまうと言われています。
近年、アメリカではLTCは単独の保険として加入するよりは、生命保険にRiderとして追加されることが多くなっています。上記にリストされている生命保険のうち、Universal Life, Variable Life, Index Universal Life にRiderとして追加できます。
生命保険にLTCをRiderとして加えることの利点は、介護が必要になった時、生命保険の死亡保障額を介護費用として使えるということです。注意する点は、介護費用として引き出した金額は死亡保障額や現金価値を減らすことにもなります。
但し、生涯、介護費用を必要としなかった場合には、死亡保障額をTax-Freeで受け取ることも出来ます。

生命保険のニーズはライフスタイルの変化によってその都度、違ってくるものです。
生命保険に入ったらそれで安心してしまって放りっぱなしにするのではなく、適宜見直しをすることが必要です。


The material and information presented here is for general information purposes only. You should not rely solely upon the material or information here as a basis for making any business, legal or other decision.
Asset Plan and Protect makes no representations or warranties of any kind, express or implied about the completeness, accuracy, reliability, or suitability of the information, products, services or related graphics presented here for any purpose.
Please contact your financial planner or tax consultant before making any decisions.

生命保険、年金、資産運用、学資保険など、お金と賢く付き合う方法をアドバイスいたします

  • 登録日 : 2017/10/11
  • 掲載日 : 2017/10/11
  • 変更日 : 2017/10/11
  • 総閲覧数 : 54人